行田のグルメ

行田市行田「翠玉堂」のかき氷 2012年

2012年9月14日 執筆者 : ダニエルさん

まだ忘れたわけじゃないんだぜ♪
あの夏のときめきを♪
同じ強さで同じスピードで♪
今も食べる途中 Rememberかき氷♪

9月16日は私の大好きな福山芳樹さんのライブが熊谷であるんだぜ!
俺の歌を聞け~~~~!!!




ということで(?)、今日は夏の風物詩、かき氷で行くぜ。
9月に入ってもまだまだ暑いんだから、まだ夏ってことでもいいよね。
やって来たのは行田市行田のパン屋さん「翠玉堂」です。
パン屋にもかかわらず、夏の間はイカレ・・・いや、イカしたかき氷を出してくれるんだ。
営業日の関係で、行きたくてもなかなか行くタイミングが作れなかったのよね。



去年のかき氷は以下で。
行田市行田「翠玉堂」のかき氷 前編
https://kagohara.net/2011/08/9059.htm
行田市行田「翠玉堂」のかき氷 後編
https://kagohara.net/2011/08/9070.htm




さーて、今年のメニューをチェックしてみよう。
さすがにシーズン終了間際とあって、人気シロップは売り切れが出ている。
新作は「ブルーベリー」「サルサ」「梅干」かぁ。
「奈良漬」なんてのもあるし、「それ、かき氷なん?」って奴がいるのは相変わらずだ。




とりあえずノーマルなやつから攻めよう。
まずは「もも」だね。




んん~~~、冷て~~~!
うっすらと桃の風味の風味が感じられるこのシロップ、いい感じだ。
後味はすっきり、わざとらしい甘さは皆無だ。

甘さはかなり控えめで、市販のシロップとは違い、手作り感溢れてるぞ。
冷たいものを甘くするには壮絶な量の糖が必要なわけだから、これくらいの甘さがちょうど良いよね。




次は「ブルーベリー」だな。
エッジが立った氷にかかる濃紫のシロップが見事に美しい。




ん~、これもいいね。
味はそれほど濃くないので、サラサラと食べることが出来る。
かき氷を食べたのに後味がベタベタというのは個人的には最悪だ。
その点、これはバッチリ。
大人のかき氷だ。




ふう、ご馳走様でした。
とても美味しかったです。
それじゃあパンでも買って帰りますかね。
パンが入ったアンティークなケースを開けると、ふわっとパンの香りがするのが素敵。




いやいやいやいや、翠玉堂が誇るイロモノかき氷を食べずには帰れないだろ?
なにを綺麗にまとめようとしてるんだ?

あるだろ、そこに毒々しい禍々しい瓶が!
なんだその「危」の字は!





という訳で次は「カレー mkⅡ」だ。
去年は普通の「カレー」だったので、今回のはバージョンアップした新作といえる。
トマトと玉ねぎをベースに12種類のスパイスをブレンドし、さらに甘味を加えたオリジナルカレーとのこと。
そして去年の一見爽やかな外見からは打って変わり、粘度の高いカレーそのものが氷にかかってる・・・
これ、手間はすごくかかってるんだろうなぁ・・・
相変わらず「力の入れる方向を間違っているだろ?」って感じで、SEGAっぽい魂を感じる。




一口食べると・・・
うわぁ、カレーだ!!
去年は福神漬が入ってたりして意外にかき氷に合ってたけど、今回のはまるっきりカレー!
スパイシーではあるが甘味もある、不思議なカレーとなっている。
これはもう、ここまで来たら甘味はいらないな。
香りをもう少し強くして、若干ある粉っぽさを無くし、チキンスープをベースにして・・・
来年の名前は「カレー mkⅢ」だな。
いや「カレー mkⅡ(SR以降)」にしとくか。
あれ、俺は何を言っているんだ?
カレーの話か?
かき氷の話だったっけ?




そして最後に控えるのは「地獄のサルサ」だ。
あのハバネロの2.5倍の辛さを誇るジョロキアをぶち込んだ最恐最凶のシロップ(?)がここに!
陽光を浴びて透き通る紅、凶悪な資質を隠すかのようにその外見は美しい。




どっは~~~~、かれぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!
一口で舌は完全に麻痺、頭中の毛穴は全開、汗が吹き出す。
喉を通れば喉を、胃を通れば胃を焼くこのジョロキア、世界最高の辛さと言われるのも納得だ。
今までの人生のMAX辛さを見事に更新。
たった2,3口で脳は活動停止、表情は消え、体温は上昇し、汗はダラダラ、内臓はカッカとする。

あれ、俺、かき氷食べてるんだよな?
なんでかき氷で汗かいてんの?



冷静になってレビューしてみよう。
この「地獄のサルサ」は実は美味い。
味そのものは、けっこうかき氷に合ってると思う。
確かにジョロキアの刺激は凄まじいものがあるが、それはピンポイントの辛さなんだな。
何というかな、例えば100匹の子猫の中に10匹だけ虎がいるようなものと思ってくれればいいかな?
辛いカレーなんかは100匹のボス猫がいるようなもの。
このニュアンス、わかるかな?
あ、もちろん、その10匹の虎はめっちゃ凶暴なんだけどね。



ちなみに今までにこれを食べた人は私を含めて4人だけとか。
辛さ耐性に自信ありなひとは是非ともチャレンジしてみよう。
これだけの辛さ、そうそう体験は出来ないよ。
もちろん「死して屍拾う者なし」だから自己責任で(笑)
かき氷はお彼岸くらいまでやるそうです。
ということは今週と来週くらいしかチャンスはないぞ。
しかも営業しているのは木曜~日曜なので注意。





それじゃあ口直しにジャムバタのコッペパン食べて帰ろう。
ご馳走様でした。




あ、パトロン募集中だって。


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-行田のグルメ
-, , , , , ,