カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

静岡のグルメ

番外編:沼津市下本町「千楽」のカツハヤシ-詳細

2008年7月16日

「また同じ話か」と思われるかもしれませんが、今度は南口の千楽の話です。
千楽は沼津で老舗の洋食屋さん、北口と南口にお店があります。
今回来た南口が本店です。
駅からはちょっと遠いので、数えるほどしか来たことがありません。
でもせっかく沼津に来たのですから、こちらの千楽でも食べていきます。



メニューはほとんど同じ。
カツハヤシもカツカレーもカツ丼もあります。
昔は北口のほうがちょっと安かったんですけど、今では値段もほぼ同じ。


北口店には無いメニューとして、並で2950円、上で4750円の「ビーフステーキ」なんてものがあります。
「一度は食べてみたいなー」なんて思っていましたが、来ると食べるのはいつもカツハヤシ。
今回もやっぱりカツハヤシを注文しちゃいました。



来ました、南口のカツハヤシ。
名前や値段は北口のと同じですが、見た目と味は随分違います。
こっちのハヤシはとことん煮込んだドロドロ系のもので、かなりの粘度です。
肉や野菜が粉々になっていて、ソースが液体と言うよりも固体で、ハヤシペーストといったほうがいいかも。
味のほうも煮込んだドミグラス系で、こってりとしてかなり甘い感じです。


カツは北も南も同じボリュームで、最後のほうは食べてて苦しくなります。
私はカツハヤシを左のほうから食べていくので、ポジション的に最後にカツが残ってしまいます。
ですから意識してカツを早めに片付けないと後が苦しくなるのですが、久々に食べてのですっかり忘れていました。
最後にカツが残ると地獄です・・・



こちらはカツカレー。
こっちも粘度高し。
カレーなのか、カレー味のマッシュポテトなのかわからないくらいのモノです。
でも鼻にツンとくる懐かしいカレー粉は健在。
カツハヤシと同格のボリュームですが、さすがにカレーは食べやすいです。
福神漬けがつくのもハヤシと違うポイントです。


南北千楽を制覇して満足満足。
ハヤシの味は北も南で好みが分かれるところですが、私は北が好み。
でも南もたまに食べたくなる味なんだな。
これにて沼津の千楽めぐりは終了、次にカツハヤシを食べられる日はいつか!?


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-静岡のグルメ
-, ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.