静岡のグルメ

沼津市高島町「千楽北口店」のカツハヤシ(大盛り)

2022年6月17日 執筆者 : ダニエルさん

我が食人生の原点!このカツハヤシに出会わなければ今の人生は全く違ったものになっていたことは間違いない。



沼津市高島町「千楽北口店」


やってきたのは沼津市高島町、沼津駅北口にある洋食屋さん「千楽北口店」です。
沼津には若いころに良く仕事で来ていて、ここで食事をするのが楽しみというか心の支えでした。
人気店なので開店と同時に席は埋まります。



メニュー



入店してメニューをチェック。
お目当てはもちろんカツハヤシ。
これを食べるために沼津に来たんだ!
初めて来たのは25年くらい前だったかな?
このメニューは2021年5月のものですが、25年前はカツハヤシ1200円、カツカレー1100円、カツ丼(上)1100円、カレーライス500円、ハヤシライス600円、ランチ(並)1200円だったと思います。



(大盛り)


さあ、来ました来ました、です。
もちろん大盛りをコール。
あああああ、久しぶりだなぁぁぁぁぁ!
これだよこれ、これを食べたかったんだ!




濃い茶色のハヤシがたっぷりとご飯にかかっています。
具は肉と玉ねぎとグリーンピース。
そしてその下には分厚いカツが埋もれています。
ずっしり重い。
これをすべてじっくりねっとり味わって胃の中に納めることができるんだ、壮絶に幸せ!




酸味は程々のこってりコク旨のハヤシ、変わらないなぁ。
粘度も高くてご飯に絡むこと絡むこと。
ハヤシライスを出す店は少なく、更に好みの味のハヤシが出てくる可能性は高くない。
ここのはバッチリ100%ど真ん中の好みなんです。
何回食べても美味い、美味すぎる!
レシピを知りたい!




そして分厚い豚肉をカリッとした衣で揚げてたこのカツがまた凄まじい。
その食べ応え、噛み応えは強烈。
ハヤシライスだけでも結構なボリュームなのに、更にヘヴィーなカツまであるわけで、食べるペースを間違えるとカツが残って苦労します。
顎がかなり疲れますが、でもそれ以上の満腹満足は間違いなし。



ご馳走様でした。
私、世界で一番好きな食べ物は何?と聞かれたら即座に「千楽のカツハヤシ」と答えます。
超満腹&超満足、沼津に来てよかった!!
あとここのカレーはまっ黄色でこれまた絶品。
カツ丼も凄く美味しいし、ポークソテーも分厚くて最高。

全部食べたいところなんだけど・・・
千楽熊谷店を出してくれないかな(涙)



前回の記事




カツハヤシの詳細はこちら




カツ丼も美味いです




南口にある本店の記事はこちら



本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-静岡のグルメ
-, , , , , ,