熊谷 エリア 埼玉 妻沼 イベント

熊谷市葛和田「妻沼グライダー滑空場」の県民グライダー搭乗会 中編

投稿日:2013年1月16日 更新日: |author: ダニエルさん

最前線中の最前線!
地獄の激戦区エリア407!!
生きて滑走路を踏める運はすべて聖天の神まかせ!!
おれたちゃ、神さまと手をきって、 地獄の悪魔の手をとった…

ということで前編からの続きです。



glider2_01
グライダー搭乗会の抽選で見事当選した私は今、妻沼の空を舞うことに。
今回、操縦してくださるのはベテランパイロットのNさん
なんと私の生まれた年から操縦してるとのこと。
敬意を込めてキャプテンと呼ばせて頂こう。


glider2_02
「離陸準備OK!」
コクピットから親指を立てての「GOOD LUCK」はお約束。
百万の美女に囲まれてとろけるような甘い声で愛をささやかれても、この一言にはかなわないんだぜ。
でもエンジンはついてないので「まわせーっ!」というセリフは言えなくて残念


glider2_03
合図の後、ワイヤーに引かれて加速、離陸する我が機。
ぐんぐんと急上昇する。
うわぁぁ、空しか見えねぇ!!
このまま大気圏を突破するんじゃないのかってくらいの勢いだ。


glider2_04
横を向くと景色が斜め。
こう見ると結構な角度で上昇してるんだね。
そしてある程度の高さまで上昇すると水平飛行に移る。
そのときにガクンと失速感がある。
事前に説明されていても「おおおううう!!!」とビビっちゃう。


glider2_05
ひょ~、あっという間に空だよ!
水平飛行に移って機体も落ち着いてきた。
そうするとキャプテンが親切に色々教えてくれる。
グライダーの飛ぶ原理、雲と上昇気流の関係、なるほどなるほど。
「風を読む」ってやつですね。


glider2_06
おお~、旋回だ~
グライダーはエンジンがないため、自力で高度を上げることはできません。
上昇気流のまわりを螺旋状にぐるぐる回りながら徐々に高度を上げていくことになります。
そしてグライダーの高度は、その気になればこのへんで8000mくらいは出るって。
でも実際には入間と横田の管制の関係で、4500フィート(1300m)までしか上がれないって。



glider2_07
この時点で高度250mくらい
250mの山って言うと全然高いと思わないけど、こうやって平地の上を飛んでるとやたらに高く感じるね。
なお、グライダーの操縦には力は要らないそうです。
だからお年寄りや女性でも出来ることは出来る。
でも長距離飛行や長時間飛行、連日飛行もあるようなので、基礎体力は必要なんだそうです。
1000kmも飛んで帰ってくるとなると丸一日かかっちゃいそうだ。



glider2_08
キャプテンのお話と操縦で優雅に空の散歩。
クルクル旋回して随分高度も上がってきた。
グライダーにはエンジンがついていないため、飛行中は風切り音くらいしか聞こえない
そのため、普通の声で会話ができる。
風にのって飛ぶためにそれほど揺れもないし、なかなか快適だ。


glider2_09
高度は450mあたりまで来た。
でももう飛行時間は10分を過ぎている。
そろそろ帰投の時間かな。
もっと飛んでいたいけど、次の人が待ってるもんね。
しかしここらへんで無線交信が頻繁になる。
あれ、なにかあったのかな?


glider2_10
キャプテン「一回降りますか?」
管制官「いや、降りないで待ってて下さい。ダメだったら☓☓☓逆進入して下さい」
全部は聞き取れないが、どうやら地上の都合で着陸が出来ないようだ。
それじゃ俺達はどうなるんだ??


glider2_11
どうやら地上の風向きが変わったようだ。
風向きが変わるとグライダーの離陸方向を変更しなければならない。
私の離陸時は東から西へ離陸したが、今は西から東へ離陸する必要がある。
そのためにはワイヤーを引っ張るウインチ車などの用意もあるので、しばらく時間がかかる。
その準備が整うまでは降りてくるなって訳だね。


glider2_12
そいつはラッキー、空の散歩は延長された!
そうと決まれば更に上昇だ。
高度は500mを超え、雲が近くなってきた。
ちなみに晴れていればスカイツリーも見えるとのこと。


glider2_13
利根川の向こうもよく見える。
お、刀水橋だ。


glider2_14
妻沼市街地上空。
あの真ん中の緑は聖天様か。


glider2_15
今度は籠原方面に飛行。
高度は450mくらい。
あれはめぬま道の駅、別府沼公園も見えるぞ。
光っているのは太平洋セメントの工場か。
この画像ではわからないけどね。


glider2_16
体重制限について聞いてみた。
座席の強度的には120kgくらいまで。
しかし、グライダーは人間の重みも計算に入れて飛ぶため、実際には70kgから110kgの間だそうです。
それに足りない人はバラスト(重り)を積んで飛ぶんだってさ。


そしてここまでのフライトムービー。
搭乗中はずっと動画を撮ってたよ。
あとで聞いてみると、興奮して声が上擦っているのがわかって恥ずかしい(汗)

熊谷市葛和田「妻沼グライダー滑空場」の県民グライダー搭乗会 その1

熊谷市葛和田「妻沼グライダー滑空場」の県民グライダー搭乗会 その2





長くなったので後半へ続く!


-熊谷, エリア, 埼玉, 妻沼, イベント
-,

地図

36.213394,139.416075

※重要※ サイト名とURLの変更について


サイト名とURLが変更になりました。
ブックマークに登録されている方は変更をお願い致します。

旧サイト名:カゴハラウォーカー
旧URL:http://kagoharawalker.com/

新サイト名:カゴハラネット
新URL:http://kagohara.net/

しばらくはサイト名変更と移転に伴う不具合や混乱があるかとおもいますが、これからもよろしくお願いいたします。
掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。

Copyright© カゴハラネット 籠原・熊谷・深谷などのおすすめランチ・グルメ・地域情報など , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.