おしらせ

第17回熊谷めぬまグライダーフェスタ2012に行ってきた その2

埼玉のイベント・スポット

「第17回熊谷めぬまグライダーフェスタ2012に行ってきた その1」からの続きです。




華麗なアクロバット飛行を終えた「フォックス」、その後は一般客向けに展示されました。
こんな至近距離でじっくり見られるなんて嬉しいね。
ちなみに跳刀地背拳は関係ない。



そうこうしているうちに体験搭乗午前の部の抽選が行われます。
当たれ・・・当たれ・・・




まあ、午前は6人だけだしィ~(クッ)
最初から当たると思ってないしィ~(ケッ)
本命は午後の部だしィ~(ヘッ)

ということで午後の部の申し込みに並びます。



野外ステージでは歌や踊りが披露されてます。
小さい子たちの踊りが可愛いね。
一番小さい子は3歳なんだって。
その子が途中で踊りを忘れて「???」ってなってたのがまた可愛かったよ。
歌は「熊谷小麦の歌」なんてのもあって面白かったね。



午後の抽選までにはまだ時間があるな。
よし、ここは美味しそうな匂いをさっきからそこら中に振りまいているコイツをいってみよう。



焼き鳥ゲーット!
買い食いサイコー!


いがまんじゅうもゲーット!
少し前にTVで紹介されたいがまんじゅう、全国区の知名度を得たかな?



青空の下でモグモグしながらグライダーが飛ぶのを見ます。
さっきのアクロバットはセスナで引っ張ってもらって飛び上がってました。
でも通常はこのようにワイヤーで引っ張ります。
ある程度の高度になったらワイヤーを切り離します。



続いて模型グライダーのデモ飛行が始まります。
これがまたビュンビュン飛び回ってスゴイ!
なんでグライダーがこんな機動飛行できるの????



おっと、そろそろ吟子鍋の配布時間だ。
誰かが並び始めると、それを見た周りの人たちが一斉に移動し始める。
まだ10時40分で、配布予定時間までは20分もあるんだけどね。



後ろを見るとすげぇ行列が!
まあ、グライダーや野外コンサートを見ながらだから丁度いいんだけどね。



あまりの行列にちょっと前倒しで配布開始の吟子鍋。
非常用の炊き出し設備でジャンジャン作ってたぞ。



それじゃあ頂きまーす!
吟子鍋とはネギや人参やほうれん草などの野菜が入った味噌仕立ての汁もの。
意外にもうどんやほうとうなどの粉モンは入ってないんだね。
へぇ~、鮭が入ってるよ。
くわしくはこちらで。




野外ステージでは妻沼出身のシンガーソングライター、森圭一郎さんが歌ってる。
「荒川」とか「妻沼」の地元の歌を歌ってたよ
いい声してるなぁ。
ジョークを交えたトークも面白い。
映画の主題歌も決まったとか、○○○○に行くとかの話も。
公式サイトはこちら。
http://keiichiro.com/



さて、体験搭乗午後の部の抽選が行われるぞ。
当たれ・・・当たれ・・・当たれ・・・当たれ・・・

しかし祈りは届かず。
後ろにいたおっちゃんたちが「俺ァ、3回当たったことがあるでよ!」なんて言ってたよ。
そのおっちゃんたちと「それじゃあ来年また会いましょう」と言って別れました(涙)
応募してたおおよその人数は200人くらいだったかなぁ?
これでも例年よりは少ないとか言ってたよ。



それじゃあこれで帰りましょう。
それにしても何とか一度はグライダーに乗ってみたいものです。
たまに市報に載ってる体験搭乗に毎回せっせと応募しよう。
そして来年もグライダーフェスタに来よう。
どちらか一方でも、なんとか死ぬまでには当たって欲しいもんです。
おっと、競争率が上がるから皆さんは応募しなくていいからね!

     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。
【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

ダニエルさんをフォローする
スポンサーリンク

コメント