埼玉のイベント・スポット

第17回熊谷めぬまグライダーフェスタ2012に行ってきた その1

2012年3月5日 執筆者 : ダニエルさん

予告通り行って参りました、第17回熊谷めぬまグライダーフェスタ2012です。



きっとこれだけの大人気イベント、ギリギリに行ったのでは駐車場には入れまい。
ここは籠原から自転車で行くべきだろう。

ということで刀水橋を目指して行ったら、会場であるグライダー滑空場は刀水橋からは4.5kmくらい下流のところにあるようだ。
てっきり刀水橋の隣くらいかと思ってたんだけどさ、でも見てみたら隣はゴルフ場じゃん・・・
やべぇ、こりゃ開始時間に間に合うかな?
焦って自転車を漕ぐ。




でもなんとか開始時間の9時30分ちょっと前ごろに到着。
早速、体験搭乗午前の部に申し込もう。
当たりますように・・・




申し込みを終えて辺りを見回すと・・・
大人気イベント?
超満員の観客席?
あれ、けっこう余裕じゃん(笑)




せっかくだから出ているお店を見てみよう。
地元の食べ物、野菜、それと模型グライダーなどですね。
お楽しみの吟子鍋は11時から配布開始か。




もちろん会場にはグライダーがいっぱい。
各機とも整備に余念がない。
この日は晴天で風も弱く、前々日の大雪も全部消え、若干の水たまりがあるだけでコンディションは良好。




そうこうしているうちにオープニングイベント、グライダーアクロバットチーム「レッドフォックス2」によるアクロバット飛行が始まります。
籠原住民にとってアクロといえば熊谷基地のブルーインパルスだけど、グライダーのアクロは初めて見るぞ
パイロットはグライダーアクロバット世界選手権日本代表の梶智就(かじともなり)さんで、機体はアクロバット専用機「フォックス」です。




グライダーは推進機が付いていないため、自力での離陸は不可能。
そのため、今回のこの「フォックス」はアクロバット飛行のためにセスナに引いてもらって離陸します。
凧揚げと同じだね。




高度1000mほどで切り離し、アクロバット開始。




両翼端から発煙筒の煙を出し、軌跡がよく分かるようにしています。




くるっと一回転ロール。






垂直上昇から背面飛行、半回転ロール。
ちなみに技の名前はよくわからないのでテキトーに書いてます。






その後もギュンギュンとアクロ飛行を披露。
すげぇ、すげぇな!
推進機がないグライダーで、コレほどの機動飛行が出来るとは!





クライマックスは急降下からの地スレスレ飛行!
ギュイイイイイイイイーーーーーーーーーンンンンンって感じで飛び去っていく。
スピードは時速250kmくらい。
すごい迫力だ。





飛行終了、着陸です。
煙は発煙筒だから心配なし。
お疲れ様でした。




飛行を終えた梶さんが目の前にやってきた!




思わずカレンダーを購入、サインも貰っちゃったぜ。
イヤッホウ!



その2へ続く!



本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-埼玉のイベント・スポット
-, ,