カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

本庄のグルメ

本庄市傍示堂「六助」のカツカレー定食

2010年8月22日

 お知らせ

うどん屋さんに行くといつも悩みます。
「今日はカレーうどんにするか?それともカツ丼にするか?」
本心ではカレーうどんとカツ丼の両方を食べたい。
でもどこのうどん屋さんにも「普通のうどん+カツ丼」のセットはあっても、「カレーうどんとカツ丼」のセットは無いのです。



今回は本庄市傍示堂にある「六助」にやって来ました。
ここはカレーうどんやカツ丼がすごい、量も質も良しでお気に入りのお店です。


そして今回も当然悩むわけです。
「今日はカレーうどんにするか?それともカツ丼にするか?」
メニューを見てふと思い付きました。
カレーうどんとカツ丼、これらを構成するのは「カレー」「」「とんかつ」「ご飯」という選手たちだ。
実はこの4選手がちゃんと揃っている定食があるではないか!
それが「」のカツカレー定食である。
構成要素を考えれば「カレーうどん+カツ丼」を食べたと言えるのではないだろうか?
うん、もう間違いない。
そいつでいってみよう。


s-IMG_6004
さて、来ました来ました。
大きな皿いっぱいに盛られたカツカレー、六助のコシのあるうどん、それにサラダと福神漬が付いています。
うどんは温かいのか冷たいのを選べます。


s-IMG_6005
まずはカツカレーからいってみよう。
カレーはみたまんま、具のないごくごく普通のお店のカレー。
味も見た通りのものです。
ご飯の盛りは多めね。


s-IMG_6008
問題(?)はカツです。
その分厚さにまずは圧倒される!
こんなカツカレー、とんかつ屋でも出てこないぞ?
これだけ分厚いカツとなるとカツカレーにするには役不足といえるでしょう。
軽自動車にF1のエンジンを載せているようなものです。
うどん屋なのにこんなカツが出てくるのはおかしいよ(笑)


s-IMG_6011
しかしこれだけ分厚いにもかかわらず、カツそのものは歯で噛み切れる軟らかさ。
揚げたてで衣にはサックリ感もあり、こういうカレーにはよく合います。
これだけのカツとなると、例によってカツが主食、カレーとご飯はおかず。
スプーンだけで食べるのは困難となり、フォークとナイフが欲しくなるところです。


s-IMG_6010
s-IMG_6014
うどんは相変わらずのコシで食べ応えは十二分。
盛りこそ半人前くらいだが、お腹へのたまり方は普通のお店の一人前。
ただでさえボリュームたっぷりのカツカレー、そのうえこのうどん、全体のボリュームは察してください。


ふう、ご馳走様でした。
見た目以上のボリュームで、炭水化物とタンパク質を存分に体内に詰め込んだ感じです。
壮絶にお腹いっぱいであります。


なお「カツカレー定食」「カツ丼定食」を注文の場合は、出てくるまでにちょっと時間がかかります。
そりゃあ、これだけのカツを揚げてりゃ時間はかかるのも納得だ。
また、ここのうどん系の中盛は他店の大盛りに相当します。
注文するときは気を付けるか気合を入れること。


そして結論。
これはこれで良いけど、「カレーうどん+カツ丼」とはまるで別物である。
ま、そりゃそうだわな(笑)
私の悩みはまだまだ終わりはないようです。


過去の記事はこちら。
本庄市傍示堂「六助」のかつ丼定食(2008-03-12)
本庄市傍示堂「六助」の六助定食(2010-01-19)
本庄市傍示堂「六助うどん」のカレーうどん(2007-10-27)

[map lat="36.23674051954495" lng="139.2101401090622" align="undefined" width="550px" height="400px" zoom="13" type="G_NORMAL_MAP"]36.236741,139.21014[/map]


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-本庄のグルメ
-, , , , , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.