本庄のグルメ

本庄市傍示堂「六助」のカツ丼(単品)

2020年8月12日 執筆者 : ダニエルさん


カツ丼から立ち昇る湯気と香り。
もうね、なんというかね、アレですよアレ、たまらんですよ。
心の奥底からヨダレが出ますよ。



本庄市傍示堂「六助」


やってきたのはおなじみの本庄のデカ盛りうどん店「六助」です。
ここのカレーうどんとカツ丼が大好きで、来るといつもどちらにしようか迷うのです。


メニュー



あれ、うどんの多盛が無いな?
と思ったら今は仕込み量を少なくしているので多盛が無いとのこと。
それじゃあカレーうどんの中盛りか、それともカツ丼か・・・
ああ、いつも思うけどカツ丼+カレーうどんの定食があれば俺は心穏やかになれるのに。



悩んで悩んで今回はカツ丼単品を注文。
いつも通り、完璧に美しいカツ丼です。
定食じゃなく、カツ丼単品のみの注文は初めて。



熱々のカツ丼から立ち昇る湯気と香りが俺の食欲をダイレクトに刺激する。
この分厚さ!
この歯ごたえ食べごたえ!
味のバランスもバッチリだし、これだけのカツ丼を出すお店はそうそう無いよ。
うどん店にも関わらず、私のカツ丼ランキングではかなりの上位に入る出来栄えです。
食べる前から満足満腹です。




その時、隣の席に座った女性がカツ丼セットを頼んだ。
何!?
カツ丼セットって、このカツ丼にごっついうどんが付くんだぞ!?
あんた、アレを食べられるのか、食べ切れるのか!?
でもその人はここに来るのは初めてではなく、慣れている様子だ。




この日、実は私はこの食事のちょっと前にメロンパンを食べていた。
だからうどんは要らないと思って単品にしたんだ。
「私はいつもはカツ丼セットなんですけど、今日は他に食べてきたからカツ丼単品にしたんです。本当はカツ丼セットも余裕なんですよ?」
言うか?
いっそ隣の人に説明するか?




いやいや、言えないですよ。
完全に変人だと思われますもん。
隣の人がいきなりそんな事言いだしたら私だって嫌ですもん。
でも、負けたのは事実ッ!
この雪辱はッ!
次回、双食で晴らすッ!
ご馳走様でしたッ!


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-本庄のグルメ
-, , , , , ,