おしらせ

本庄市本町「喜多方ラーメン坂内 本庄店」の焼豚ラーメン+サービス半ライス

本庄のグルメ

懐かしの焼豚(チャーシュー)ラーメンはあの頃の味そのまんまでした。



本庄市本町「喜多方ラーメン坂内 本庄店」


やってきたのは本庄市本町、17号沿いの本庄のココスの隣にできた「喜多方ラーメン坂内 本庄店」です。



メニュー


入店してメニューをチェック。
おお、思い出の焼豚ラーメン!




昔、勤めていた会社が新宿3丁目にありまして、その近くに坂内の新宿3丁目店がありまして、会社の先輩に連れていってもらって初めて焼豚ラーメンを食べたことを今でも鮮明に覚えています。
美味かったなぁ。




焼豚(チャーシュー)と言っても煮豚なんだけど、豚バラのチャーシューが丼いっぱいに敷き詰められててさ麺が見えないの。
そりゃあもうビックリしたね。




当時800円くらいだったかな?
ちょっとリッチな気分の時はネギ焼豚ラーメンにしちゃったりしてね。
残業前の夕食にちょくちょく行きました。
あれからずいぶん時間が経ったな。



焼豚ラーメン


ということで思い出の焼豚ラーメンをオーダー。
平日ランチタイムは半ライスのサービスがあります。
もちろん頂きます。



焼豚


麺が見えないほど敷き詰められた焼豚!焼豚!焼豚!
これがトロトロで実に美味い!

これこれ、これが食べたかったのよ。
昔の味そのままです。




焼豚、その数13枚。
なお、メニューを見ると焼豚のトッピングは3枚で260円。
でも喜多方ラーメン(チャーシュー5枚)とチャーシューメン(チャーシュー13枚)の差額は250円。
+250円でチャーシュー8枚とはバグってる。



スープ


スープはクリアなタイプ。
シンプルながらもじっくり体に染み込んでくる奥深い旨味です。




もっちりした縮れ麺。
個人的には味的にも量的にも焼豚がメインで麺はサブ扱い。




多すぎる焼豚にはたっぷりの胡椒をかけても美味しいのです。




それをおかずにラーメン雑炊を頂くのがステージ2。
存分に味わいつくそう。



ご馳走様でした。
時空を超えて満腹満足です。
記事を書いていたらまた食べたくなった!
近いうちにもう一度行かねば!

     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

スポンサーリンク

この記事を書いた人


肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。
【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社
[X]

コメント