ファミレス・チェーン店のグルメ 東京のグルメ

中央区日本橋人形町2丁目「名代 富士そば 人形町店」のカレーかつ丼

2020年12月15日 執筆者 : ダニエルさん

名代富士そばのカレーかつ丼!
「めしばな刑事タチバナ」の記念すべき第1話で登場しており、ずっと食べてみたかったんです。
でも埼北地域から一番近い店は川越か大宮。
なかなか行けなかったけど、この度チャンスが有りました。



中央区日本橋人形町2丁目「名代 富士そば 人形町店」


やってきたのは「名代 富士そば 人形町店」です。
24時間営業の頼もしいお店、今回は早朝に入店しました。
ちなみに「めいだい」でも「みょうだい」でもなく「なだい」と読みます。
初めて知った。



カレーかつ丼


お目当てはもちろんカレーかつ丼。
英語の説明がまたイカすね。
「Deep Fried Pork Cutlet & Egg Rice Bowl(R) Extra Curry Sauce」だ。
メインはカツ丼で、カレーはあくまでエキストラってことか。




さあ出来ました。
憧れの「カレーかつ丼」です。
カツカレーが丼になっているわけじゃない。
カツ丼&カレーライスでもない。
カツ丼の出汁がカレー味でもない。
カツ丼の周りにカレールーがかかっているものだ。




カツカレーのカツが玉子とじの煮カツになっているとも言えるかな?
どっちにしろ、ストレートに「それやる意味ある?」と思うものです。


カレー


カレーはいかにもという感じのカレー。
特に和風出汁が効いてるわけじゃない、見た目通りの普通のカレー。
レトルトっぽい、ちょっとだけスパイシーな俺たちのカレー。
粘度そこそこ、パンチのない味ですが、立ち食いそばのカレーはこれじゃなきゃダメなんだ。


カツ


カツ丼部分も同じく普通のもの。
ふんにゃりソフト、立ち食いそば店の安心安定のカツ丼だ。
こちらもまるっきりパンチはないカツ丼ですが、立ち食いそばのカレーはこれであるべきなんだ。




この2つを組み合わせるとあっと驚く相乗効果が・・・特に無い。
口の中でそれぞれが「あ、カツ丼だ」「あ、カレーだ」と感じられ、一緒に食べても別々に食べてもカレーとカツ丼を同時に味わえます。
思ったよりも違和感は無し、普通にカツ丼とカレーを同時に食べている感じ。
と言っても普通はそれらを同時に食べることは無いんだけど。
じっくり味わうこと無くガツガツと食べすすめる。
おれは朝からカツ丼とカレーを喰っている!
なんだかちょっと興奮した。


ご馳走様でした。
朝から憧れのカレーかつ丼を食べられて幸せです。
それにしてもこれ、連食でも双食でもない不思議な感じ。
AとBは別のものだけど同時に同所に同じように存在している、「1」は数値であると同時に文字でもあるような感じ?
なお、この「カレーかつ丼」は富士そばのWebサイトのメニューには記載されていないため、全店舗でやっているわけではないかも。


追記

なんと人形町店は2020年12月18日朝7時に閉店とのことです。



本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-ファミレス・チェーン店のグルメ, 東京のグルメ
-, , , ,