熊谷のグルメ

熊谷市筑波2丁目JR熊谷駅コンコース内「サンエトワール熊谷駅店」のパンいろいろ

投稿日:2018年8月4日 更新日: |author: ダニエルさん


今回初めて知ったこと。
熊谷駅の住所は、北口側(JR側)が筑波2丁目、南口側(秩父鉄道側)が桜木町1丁目だってこと。
線路の上で線が引かれています。
なので、コンコース内のお店の住所は北側と南側で違うんですね。




サンエトワール熊谷駅店


やってきたのは熊谷駅コンコース内にあるパン屋さん「サンエトワール熊谷駅店」です。
イートインが可能なので電車の時間待ちに便利です。
ちなみに住所は熊谷市筑波2丁目となっているけど、住宅地図を見るとパン売り場が筑波2丁目で、レジや客席は桜木町1丁目になっています。
いろいろ買ってみました。


デュラム小麦のカルツォーネ



ハムとコーンとトマトソースとチーズが入ったカルツォーネ。
ちなみにデュラム小麦というと、名作漫画「パイナップルアーミー」でジェド豪士が粉塵爆発で使ったイメージが強すぎる私。
なのでデュラム小麦=爆発、このパンも爆発するんじゃないかと心の奥底で怯えています。



マカロニウインナーパン



ウィンナースライス入りのマカロニサラダが入った惣菜パン。
マカロニサラドというかグラタン系の感じ。
ポテサラは多いけど、マカサラ入って珍しいよね。


塩バターパンサンド(ミートローフ&野菜)



近年、すっかりメジャーになった塩バターパンのサンドウィッチ。
ボリュームは軽めです。
ミートローフとは珍しいな。
ちなみに我が家で作るミートローフは巨大なチーズ&ケチャップがけのハンバーグをオーブンで焼いたもの。
一般的に言うミートローフとは全然違うんだけど大好き。
で、調べてみたらミートローフとは「ミートローフとは挽肉の塊を焼いたり燻製にした料理である。「ローフ」 は古英語のパンが語源であり、転じて長方形パン形状をオーブンで焼くことをローフと呼ぶようになった。」とのこと。


はちみつバターパン



はちみつ&バターというパワーワードに惹かれてゲット。
生地にはチーズダイスを練り込んであります。
一口かじれば口の中に思いっきり広がるはちみつの風味!!
これはいい、実にいいな!
この一口目のステキさは到底言葉では表現できない。



ごちそうさまでした。
はちみつバターパン、気に入った!


掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-熊谷のグルメ
-, , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.