カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

籠原のグルメ

熊谷市新堀「のんきや肉店」の500円カツでカツ丼を作ろう!

2013年6月4日

今日はかつ丼の話。
しかも自分で作るかつ丼だ。
びっくりどっきり「漢の料理」シリーズ、約2年ぶりの登場です。



s-nonki_katsudon00
以前に何度も紹介している籠原駅北口の肉屋さん「のんきや」さんのとんかつ。
前回は念願の500円モノを頂きました。
その時に思ったのが「これでかつ丼作りてぇ~」ってこと。
今回はそれに挑戦するぞ。
熊谷市新堀「のんきや肉店」の豚ロースとんかつ 300円モノと500円モノ他
https://kagohara.net/2013/01/13122.htm



s-nonki_katsudon01
買って一日置いたカツ。
もちろん500円モノ、改めて見てもやっぱりデカイ。
衣がしんなりして中の豚肉にしっかり接着している。
これで「衣がたっぷり丼ツユを吸ったカツ丼」をつくるぞ。


s-nonki_katsudon02
とんかつ以外の材料はこんな感じ。

玉ねぎ1.5玉
玉子4個
丼ツユ約230ml
水、醤油、砂糖、鰹出汁汁を適当に合わせる

男の料理は豪快なのだ(大雑把ともいう)
とんかつ1枚に玉子4個は多すぎるか?
いや、かつの大きさから言えばむしろ足りないかもしれん。



s-nonki_katsudon03
カツ丼は男の料理だ、妻に任せるわけには行かない。
まずは丼ツユで玉ねぎを煮よう。
玉ねぎはしっかりしなしなが好み。


s-nonki_katsudon04
玉ねぎがしんなりするまで煮て
カツを投入、衣にしっかりツユを吸わせる。
そして最後に玉子を投入。
蓋をしてちょっとだけ火を通して後は余熱で仕上げる。
玉子はあんまりかき混ぜないほうがそれっぽいよ。


s-nonki_katsudon05
うぉ~い、出来た出来た!
う~、見た目は非常に美味そうじゃないか!
それにしても26cmくらいのフライパンに一杯となると、こりゃあすごい量だ。


s-nonki_katsudon06
丼に盛り付け。
やっぱり素人、きれいに盛り付けることが出来なかった(涙)
もちろん丼一杯じゃ載せきれないからもう一杯作っちゃう。
こっちは妻に食べてもらおう。


s-nonki_katsudon07
それじゃあ頂きます!
味噌汁と漬物も用意して完璧だぜ。


s-nonki_katsudon08
おふっ、お肉は非常に柔らかいな!
この厚さ、この赤身と脂のバランス、このしんなりした衣!
こいつぁ、そこら辺のお店じゃ食べられないブツだよ!?
玉子もちょうど良い感じに火が通ってるし、なかなか満足である。
鰹のダシがキュッと効いてるし、大雑把に作ったにしては上等、上等!


s-nonki_katsudon09
しかし豚肉の肉肉しさと衣のボリュームで脳はあっさりオーバーヒート。
栄養過多でクラクラしてくる・・・
カツ丼でこんな風になるのは初めてだよ。

漬物を用意しておいてよかったな。


s-nonki_katsudon10
妻も2切れであっさりギブアップ。
「残り・・・食べてくれるよね?」
そんな瞳で見つめられちゃあ、断るわけにはいくまい。
漢喰いを魅せつけてやるぜ!
デヤァァァァァ!!!!


s-nonki_katsudon11
それにしてもボリュームあるな・・・
正直言って2切れで「げぷっ、もう腹一杯になってきたんですけど?」って感じだったよ。
2人で食べてもキツイ500円カツ、それに丼ツユと玉ねぎと玉子が加わってるんだから、そりゃあ更にキツくなるのは当たり前だわな。



ふぅぅ、ご馳走様でした。
いや~、壮絶に大満腹大満足だよ!
500円カツ1枚で2人を超満腹にしちゃうんだから、コストパフォーマンスは抜群だよね。

今度はもう少し綺麗に作れるようにしよう。
それにしても・・・これでカツカレーにしてたら大変だったな(汗)


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-籠原のグルメ
-, , , , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.