熊谷市拾六間フェスティバルガーデン内「かつ敏」のリブロースかつ定食

2010年12月4日籠原のグルメファミレス, 和食, 定食, 揚げ物,


お知らせ



数年前に出来た籠原のフェスティバルガーデン、オープン当初からはいくつかのお店が入れ替わりました。
「貴族の森」「源氏」はすでに閉店、「プリーモチーズカフェ」は以前は他のお店でした。
飲食店は最初の3年を乗り切れるかが境目なんだそうです。


今回はそんなフェスティバルガーデン内の「かつ敏」にお昼時に入店です。
11時から17時までのランチタイムメニューをチェックします。
s-IMG_7878
そのなかで目を引いたのがこの「リブロースかつ定食」です。
「数量限定」「プレミアム」なんて言葉が並んじゃあ、頼まぬ訳にはいかないだろう。
よし、今日はこれでいこう。


s-IMG_7883
リブロースとは「きめの細やかな身質と霜降りが特徴。脂がのった旨味の深い、贅沢なかつです。」とのこと。
楽しみだなぁ~、早く来ないかなぁ~。
待っている間にゴマをすりすり。


s-IMG_7888
さて、来ました、来ましたよ。
メインのリブロースかつにご飯、汁物、漬物が付きます。
ご飯、汁物、キャベツが食べ放題。


s-IMG_7889
汁物は豚汁か味噌汁をチョイス可。
今回は豚汁を頂きました。
豚汁でもお替り自由というのは嬉しい限り。


s-IMG_7891
普通のロースかつが80gなのに対し、このリブロースかつは160g
倍の質量というだけあって、見た目はなかなかの大きさだ。


s-IMG_7893
揚げたてのカツは歯応え充分、ボリュームも十分。
サックリした衣、肉を噛み締める食感、ギュッとほとばしる肉汁。
「いかにも豚!」っていう感じ、ロースよりも「漢」のカツって感じ。

そうだよなぁ、トンカツはこうでなきゃな。


ふう、ご馳走様でした。
ご飯と豚汁を1回ずつお替りで壮絶に満腹です。
さすがに160gというだけあってボリュームはありますね。
カレーやステーキなら160gなんてチョロい量ですが、トンカツは別格だよなぁ。


s-IMG_7905
それにしても食べ放題が無くなってしまったのは残念。
採算が合わないのか、人気がなかったのか?
これが時代の流れか・・・
なんだか寂しい・・・


籠原拾六間フェスティバルガーデン内「かつ敏」のまんぷく定食
https://kagohara.net/2009/04/1944.htm


[map lat=”36.17354747018086″ lng=”139.31086242198944″ align=”undefined” width=”550px” height=”400px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]36.173547,139.310862[/map]

2010年12月4日籠原のグルメファミレス, 和食, 定食, 揚げ物,