カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

六曜の話

 お知らせ

最近滅多に出ない不動産関係の話。
たまには書かないと本職を忘れてしまいそうです。
ということで久しぶりに不動産関係の話です。

不動産業をやっていると意識しなくてはいけないのが六曜(ろくよう)。
六曜とは、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいいます。
普段の生活では意識しなくても、カレンダーには載っているし、ほとんどの人が知っていると思います。
六曜は一般的に冠婚葬祭で気にします。
結婚式は一番人気は大安吉日だし、葬式は友引の日にはやりません。
ほとんどの人は六曜を信じてはいないのですが、それでも気にするのが日本人の面白いところです。

六曜は中国で生まれたといわれていますが、詳しいことは不明だそうです。
中国から日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけてのようです。
名称や解釈、順序も現在のものと違っていて、現在の形になったのは19世紀初頭です。
なお、それが日本中に広く流行したのは第二次世界大戦後だそうです。

ちなみに仏教とはまったく関係ありません。
仏滅なんて言葉が入っているので関係ありそうですが、これは当て字です。

少し前に一部の人権団体が役所の作った手帳に六曜が載っているのに抗議し、回収・廃棄処分されるという事件がありました。
根拠の無い迷信は差別につながるというのがその趣旨です。

私はこの手の占いごとはまったく信じませんので、正直言ってどうでもいいのですが、お客さんは結構気にします。
契約の日はたいてい、大安を選びます。
若い人でも仏滅はとりあえず避けることが多いものです。
面白いのは契約日以上に大事だと思われる決済の日の六曜は、気にする人がほとんどいないということです。
土日は金融機関が休みですので決済ができないという理由があるのかもしれませんが、そのけっこう適当な感覚にはちょっと笑ってしまいます。

根拠の無いものを気にしすぎるというのは問題かもしれませんが、目に見えない何かをほどほどに敬うという日本人の気質は私は好きです。
血液型占いも星占いも六陽も信じていない私ですが、契約日は大安をお勧めしています。









  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.