カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

深谷のグルメ

深谷市折之口「なすの屋」のカツカレー大盛り


カツカレーの法則。
カレーライスとカツカレーで価格差があればあるほど期待は高まる。
例えばカレーライスが550円、カツカレーが650円。
これはこれで好きだけど、それほど期待はしない。
カレーライスが600円、カツカレーが900円。
これならどうだ?
カツカレーのカツに対する期待はかなり高くないか?





深谷市折之口「なすの屋」


やってきたのは深谷市折之口、御稜威ケ原工業団地の南西の角付近にある食堂「なすの屋」です。
お昼時は白い営業車が多く停まっています。
そして今では珍しい、冷蔵ケースに別売りおかずがあるお店でもあります。
前回は特盛の焼きうどんを食べて悶絶したっけ。
あれは凄かったな。


メニュー


さて、今回は何で行くかな?
寒い日だし・・・カツカレーで行くか。
カレーライスとカツカレーの価格差は・・・その差410円!
これはかなりの差だ、期待できるぞ。
とんかつ定食並みのカツが乗るに違いない。



厨房の中を見ると分厚い豚肉を切っている。
おいおいおい、カツカレーのカツとしては分厚すぎるんじゃないか!?
あれか、あれを乗せるのか!?
更に高まる期待。


カツカレー大盛り


さあ、来ました来ました。
カツカレーです。
当然のことながら大盛りをコール。
大盛りはたしか+110円だったと思う。


カレーは黄色いタイプ


カレーはザ・黄色いジャパニーズカレー。
いいね、この色。
これですよ、これ。
上にのったグリーンピースもこれぞ定食屋のカレーって感じでいい。





野菜がたっぷり溶け込んでいる、もったり粘度が高いタイプです。
このドロドロっぷり、そうそう、今日はこういうのが食べたかったんですよ。
まさに期待通りのカレーに口に運ぶスプーンの速度もアップ。




ほろほろの豚肉もゴロゴロ。
これだけで肉分は充分すぎるほど。


分厚く柔らかいカツ


カツはやっぱり分厚い!
そして特筆すべきはその柔らかさ。
柔らかいと言うか、噛み切り度数が極限まで低い。
噛み切ろうとするともう切れている、スプーンで軽く押しただけでもう切れる。
なんだこれは、こんなに切りやすいカツは初めてだ!
肉と技術、両方共良いんだろうな。




しかしまあ、量が多いな!
大盛りを頼んで本気で後悔するレベル。
美味しいんだけど・・・美味しいんdgさs・・・
ソースで味を変えて盛りきろう。


福神漬は絶対に赤


福神漬はもちろん赤いタイプ。
ここで茶色いタイプが出てきたら幻滅だ。
このカレーには絶対に赤がいい。
わかってらっしゃいます。



ふう、ご馳走さまでした。
なんとか食べきったが、夕食は完全にアウトでした。
メニューを見るとカツ丼とカツ重の価格差も気になるな。
やるかっ・・・双食っ・・・!?



前回の記事

深谷市折之口「なすの屋」の焼きうどん(特盛り)






  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-深谷のグルメ
-, , , , , , , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.