深谷市西島町「浜岡屋」の柏餅と口福とわらび餅と塩豆大福

2018年5月22日深谷のグルメお菓子, スイーツ, 和菓子, 大福, 深谷,


お知らせ




わらび餅って、大人になってから好きになった食べ物の一つ。
それ以前は逆に嫌いでした。
なんというか、中身が入っていないお菓子って欠陥品だと思ってたんだよね。
ういろうとか、八ツ橋とか、そういうタイプのやつ。
だって餃子で言ったら皮だけ食べてるようなもんじゃない?




深谷市西島町「浜岡屋」


やってきたのは深谷市西島町にある老舗和菓子屋さん「浜岡屋」です。
この日は5月上旬、久しぶりにやってきました。




柏餅


やはりこの季節は柏餅。
こしあん、つぶあん、みそあん、どれも好きです。
みそあんって他の地域にもあるのかな?
そしてこれ以外の味は?



大人になってこの柏の葉の香りの良さがわかったよ。
でもそのかわり、外見が気になってしまうことが。
どうしてもエヴァの量産機に見えて・・・
もしくはモンハンに出てきたフルフル・・・
こっち見てる気がする・・・



口福


店頭に「焼き立てラムレーズン」の文字を発見。
和菓子屋さんでラムレーズンだと!?
ラムレーズン中毒気味の私、ゲットするしか無いだろう。




甘味がほぼ無いの生地にラムレーズンがポツポツと。
食感は水分少なめの甘食です。
これは大人の味ですな。
飲み物は何が合うだろう?
コーヒーかな?
もしくはウイスキーとか?



極上わらび餅


極上わらび餅もゲット。
「和三盆糖を使い練り上げたワンランク上のわらび餅。黒蜜付き」です。



前半はそのまま食べ、後半は黒蜜をかけて頂くのが私のルーチン。
シンプルにして極上の甘さ、いいですね。
美味さをじっくり味わうのに中身なんていらないのですよ。


塩豆大福


お店で聞いた
「本物のお餅なので翌日には固くなるんですよ」
「でも焼けば美味しく食べられますよ」
との言葉にピンと来てゲット。
今日は食べず、1日寝かせてみます。



翌日、コンロで焼いてみました。
火加減が難しいな。
ちょっと目を離すとぷ~っと膨れちゃいます。
ギリギリのところを見極めて火を止めよう。



外側はぱりっともちっと、まさに餅。
お焦げの部分が美味しい。
あんこは塩気が増しているような気がするな?
これは確かに別の美味しさです。
今回は冷蔵庫に入れておいたのを焼いたので、中まで熱が伝わらず、あんこ部分がちょっと冷たかった。
常温に戻してから焼くべきだったな。



ふう、ごちそうさまでした。
どれも美味しかったな。
固くなった大福を焼くというのはいいね。
いろいろと応用が効きそうです。
そしてもうそろそろ生あんみつが出る時期かな?
あれ、大好きなんだよね。



2018年5月22日深谷のグルメお菓子, スイーツ, 和菓子, 大福, 深谷,