お菓子 グルメ 加須

加須市中央1丁目「寿々木」の太郎焼き

投稿日:2018年5月13日 更新日: |author: ダニエルさん


以前にも書いたけど、この食べ物を何と呼ぶかでその人の出身地がおおまかに判るそうです。
一般的なのは「今川焼き」「大判焼き」あたりでが、私の育った菖蒲町では「甘太郎焼」って言ってました。




加須市中央1丁目「寿々木」


今回やってきたのは東武伊勢崎線の加須駅前にある太郎焼きのお店「寿々木」です。
このときは久しぶりに同級生に合う約束でやってきました。
駅前はすごく久しぶりに来たな。
このお店は昔からあったのかな?
隣のおもちゃ屋さんや向かいのパン屋さんは薄っすら記憶にあるんだけど、ここはどうも記憶がないんだよね。

自動太郎焼き機


っと、年季の入った店構えに似合わぬ自動太郎焼き機がスゴイ!
普通のお店は手作業でやっているのに、ここのはオートメーションタローシステム!
この機械を見るだけでも行く価値はあるぞ。



せっかくなので一つ頂いてみましょう。
家紋みたいな焼印が押されています。
太郎焼きという名前は初めてだな。
菖蒲町では甘太郎、加須では太郎か。



これの何がスゴイって、工業製品と見紛うほどの商品精度。
きっちりばっちり綺麗に作られています。
さすがは自動太郎焼き機!



生地は意外にも軽め。
表面はパリッとしててて、中はモッタリ感皆無。
あんこは粘度低めで水分大目。
最中しるこっぽいイメージです。


アイビーボウル(グランマルシェ)跡地


太郎焼きを食べながらブラブラと駅周辺を散策。
ああ、昔よく通ったグランマルシェ、通称「グラマン」は今はもう無いのか・・・
スペハリ、ダライアス、ストリートファイター、ここでよくゲームやったっけな。
さらば我が青春のグラマンか・・・

地図

36.12387, 139.59612
掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。

-お菓子, グルメ, 加須
-,

Copyright© 【カゴハラネット】 籠原・熊谷・深谷などのおすすめランチ・グルメ・地域情報など , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.