洋食 藤岡

群馬県藤岡市「鶴商文庫」のデミハーフハンバーグ

投稿日: |author: ダニエルさん


0か1か。
表か裏か。
白か黒か。
世の中には決めなければいけないことがたくさんある。
でも逆に決めなくてもいいとか、どっちでもいいとか、そういうこともある。




群馬県藤岡市「鶴商文庫」


やってきたのは群馬県藤岡市の魂燃処、過剰肉量、復活のデカ盛り「鶴商文庫」です。


メニュー


いつもどおりメニューをチェック。
ここはどれを食べてもボリュームと味に大満足なので、基本的にこれと言った定番がない。
どれもがエース級なのだ。
それでもあえて決めなければならないので悩む悩む悩む・・・
しかしここではこの悩みも調味料のうち。


デミハーフハンバーグ


たっぷり迷って決めたのは「デミハーフハンバーグ」です。
別売りのライスもつけました。



デミハーフはデミグラスソースとホワイトソースが半分ずつのハンバーグ。
白と黒、2つの味を同時に楽しめるぜ。
ボリュームはもちろん鶴商クオリティ、普通のお店の倍以上、1ポンドはあろうか。


白:ホワイトソース


まずはホワイトソース。
こってりなのにしつこくない、優しい味のソースです。



武道は大抵、白帯から始まり、黒帯で終わる。
これから何色にも染まれる白、それは無限の未来と可能性を持っているってこと。
人生はいつだって、思い立ったときがスタート。
どんなことだって始めるのに遅くはない。


黒:デミグラスソース


続いてデミグラスソース。
このボリュームあるハンバーグをいくらでも食べられる定番のソースです。



もう何色にも染まらない黒。
時間と経験を積み重ね、他のどんな色が来ても動じない重みと強さを持つ。
それは心の奥底にある揺らぐことのない拠り所、木で言ったら根っこの部分。
枝が折れても、葉が枯れても、根っこがしっかりしていれば必ず蘇る。
それは私の心の師、ミヤギ先生のお言葉。



白で食べても美味い。
黒で食べても美味い。
そして混ぜて食べても美味い。
すべてのことに白黒つける必要なんてないよね。
どちらも違った意味や価値があります。
そして白と黒が混じったら更に良くなることもあるんだ。
臨機応変、千差万別、十人十色、自由自在、心の思うままに食べよう。
それが正解だ。


ライス(別売り)


ちなみにライスはこれで普通盛り。
丼飯以上の量、私の2日分の白飯摂取量。
これだけでもお腹いっぱいになります。
ハンバーグもライスも超ボリュームなので、別売りなのは逆に親切。


サラダ


サラダもてんこ盛り。
これだけでも(以下略)
これはハンバーグに付きます。



ふう、ご馳走様でした。
いや~、いつもどおり超満腹超満足です。
ハーフハンバーグはこの白黒以外に「カレー&ホワイト」「トマトソース&ホワイト」もあり。
よし、次回はカレーとホワイトでいこう。

地図

36.23181, 139.07492
掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。

-洋食, 藤岡
-, , , ,

Copyright© 【カゴハラネット】 籠原・熊谷・深谷などのおすすめランチ・グルメ・地域情報など , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.