熊谷市宮町2丁目「三河屋」の柏餅とどら焼きと最中ほか

2017年5月21日熊谷のグルメお菓子, スイーツ, どら焼き, 和菓子, 洋菓子, 熊谷,


お知らせ




今年は柏餅をよく食べたな。
長年、柏餅は5月5日を過ぎるとなくなると思ってたんだけど、別にそんなことないんだね。
けっこうあちこちで見ます。
とはいえ流石にそろそろ終わりそうかな?



熊谷市宮町2丁目「三河屋」


やってきたのは熊谷市宮町2丁目、熊谷市役所近くの「三河屋」です。
綺麗でオシャレになった新店舗の方は初めて入ります。
通り沿いの旧店舗の頃は何度か行ったっけ。
店内には和菓子と洋菓子が両方あり、カフェスペースもあるのでその場でも頂けます。
今回はいくつかのお菓子をゲットして家で頂きましょう。


柏餅


いつもなら間違いなくみたらしだんごを買うところだけど、今回は無性に柏餅が食べたかった。
こしあん・つぶあん・味噌あんの3種類ありますが、私はほぼこしあんで決まり。
もっちり歯ごたえのあるの皮に柔らかあんこが入っています。



柏餅はさ、皮を噛むと中のあんこが口の中にむにゅっと飛び出てくる、この独特の感覚がなんとも好きなんだよね。
ああ、それにしても柏の香りの良さよ!
もうこれの季節も終わっちゃうなぁ。




本当は買うつもりはなかったけど、見てたらなんだか食べたくなってゲット。
皮はふんわりしつつももっちり反発力があります。
どら焼きの真髄は皮にあり!
そしてあんこは皮に対して出しゃばらない程度の甘さでバランス良し。
どら焼きは皮とあんこのバランスが非常に難しいよね。




最中



これは妻が買った最中。
ウチでは最中を買うことは今まで無かった(アイスは除く)ので珍しいな。
注文すると皮を温めてあんこを詰めてくれる模様。
で、食べてみるとこれが美味いんだな。
粒あんの味を極限まで味わえるっていうのかな?
だからといって羊羹やあんこ玉とはぜんぜん違うのが不思議。

意外(失礼)なほど美味かったので、今までまったく眼中になかった最中が光り輝いて見えたよ。
そして皮が歯の裏につくのはお約束だ。



その他に和菓子やケーキもちょっとゲット。





ああ、美味しかった。
個人的には和菓子屋さんに行ってだんごを買わないのは非常に珍しいことだったね。
そして最中の単純にして奥深い味わいに目が覚めてしまったかもしれない。




ちなみにこちらでは雪くまもやっています。
5月末からだね。
去年行った時はやってなかったからまだ未食。
今年は是非!