行田のグルメ

行田市本丸「駒形屋」のフライ焼(玉子入り)とゼリーフライ

投稿日:


行田の名物といえばフライとゼリーフライ。
フライ?
フライってあの揚げ物のことだよね。
ゼリーフライ?
ゼリーを揚げるの!?
初めて聞いた人は誰でもそう思います。
私もそう思いました。


行田市本丸「駒形屋」


やってきたのは50年近くも水城公園でやっていた屋台が移転して行田市本丸に来た、フライと焼きそばとゼリーフライの店「駒形屋」です。
先日のマイナー錬で行ってきました。
地名の「本丸」というのが城下町っぽくて素敵です。


メニュー


メニューはこちら。
行田のフライのお店のスタンダード、フライと焼きそばとゼリーフライがあります。
おお、焼きうどんもあるじゃないか!
いつもなら絶対に焼きうどんにいくところだけど・・・
今回はマイナー錬の最後の食事ポイントで来たため、ハッキリ言ってお腹は空いていない。
焼きうどんは万全の調子のときに食べたいところだ。


フライ焼


ということで今回はフライ焼を頂きます。
+50円で玉子入りをチョイス。
円形のフライを半分に折りたたみ、その上に青のりをかけています。
なおフライの大小は無いもよう。



味はソースか醤油を選べます。
今回はソースをチョイス。
立ち昇るツーンとしたソースの香りが食欲をくすぐる。
けっこう大きいな・・・
まったく空いていない腹で食べられるのか・・・



生地はとてもきめ細やか、なおかつかなりの弾力性があるタイプ。
なにこれ餅?それともグミ?ってくらいのもちもち度でとても美味しい。
こんなにもっちもちのフライは初めてだ。
あれ、お腹は空いていないはずなのにペロリと食べてしまいました。
粉もん&ソースの魔力、恐るべし。


ゼリーフライ


こちらはゼリーフライ。
とてもきめ細やかでなめらかなタイプでうっすら味付き。
なにこれクリームコロッケ?ってくらいのなめらかさでとても美味しい。
こんなになめらかなゼリーフライは初めて食べました。
これまたいくらでも食べられそう。




ちなみにゼリーフライとはこういうものです。
お店によって味や食感がぜんぜん違うので食べ比べるのも面白いです。



ご馳走さまでした。
次回は絶対に焼きうどんだ!


関連記事

2018年12月のマイナー錬:TOUR OF MINOR STAGE1「既知との遭遇」その2



掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-行田のグルメ
-, , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.