行田のグルメ

行田市佐間1丁目「たいやき処 分福屋 厚之助」のたいやき(つぶあん・栗あん)


寒くなってくると温かい食べ物が恋しくなります。
鍋物、うどんやそば、ラーメン、グラタン・・・
そしてこれ、たい焼きもね。
冷たい空気の中で食べるたいやき、いいですよねぇ。



行田市佐間1丁目「たいやき処 分福屋 厚之助」


やってきたのは行田市佐間1丁目、西友の近くにある「たいやき処 分福屋 厚之助」です。
たい焼きの看板や旗があるのでとても目立ちます。


メニュー


基本のメニューはつぶあん、あんクリーム、クリームの3種みたい。
その他に期間限定品があるようです。
行ったときはチョコやチーズもありました。
なお、夏はたい焼きが売れないとの悲痛な張り紙もあり。


つぶあん


まずはつぶあんから頂きましょう。
作り置き無しであつあつ焼き立てです。
あんこ、はみ出すぎ!



皮はパリッと薄めであんこは尻尾までたっぷり入っています。
焼きたてのパリパリ感はいいなぁ。
ちなみに焼き立ては柔らかいので、尻尾のあたりを持つと自重で折れる危険あり。
あんこの比率が高いので重みに耐えられない!



栗あん


期間限定の栗あんもゲット。
こちらも羽がスゴいな。
そしてしっかり中身が詰まっているので1個でもかなり食べごたえがあります。




ホクホク秋の味覚、栗の食感がゴロゴロ残る粗目のあんです。
これもつぶあんと言えるのかな?
栗あんというよりも栗そのものを食べているような感じです。



ご馳走様でした。
焼きたてたい焼きは持って帰ると蒸気でシナシナになるのは必至。
それではこのパリパリ皮を満足に味わうことは出来ない。
なのでできるだけ焼き立てを食べよう。
でも持ち帰ってもレンジで1分温めてその後に30秒グリルで焼くと復活するらしいですよ。


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-行田のグルメ
-, ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.