熊谷のグルメ

熊谷市下奈良「母めし食堂 のうカフェ」の母めし定食(銀鮭の塩麹づけ)

投稿日:2018年10月27日 更新日:


私は外食ではお腹いっぱい食べることが多いです。
普段、自宅で食べる時は満腹になるまで食べることはないので、ハメを外してガーッと行きたいんですね。
お腹いっぱいになって幸せ、でもやらかした感で後悔する、この相反する感情はどうしても避けられない。
なかなか後悔しない満腹感というのは難しいのです。




熊谷市下奈良「母めし食堂 のうカフェ」



やってきたのは熊谷市下奈良、 県道341号熊谷太田線からちょっと入ったところにある「母めし食堂 のうカフェ」です。
古民家を改装したお店になっています。
店内は落ち着いた雰囲気。
お客さんは女性ばかりでアウェイ感バリバリ、もちろん妻に一緒に来てもらいました。


メニュー



ランチのメニューはこちら。
地元産野菜をふんだんに使った定食です。




ドリンクやデザートもあり。


母めし定食


今回はメイン1品とサブ2品を選べる「母めし定食」をチョイス。


銀鮭の塩麹づけ


選んだメインは銀鮭の塩麹漬け。




これが美味くて大きくて柔らかくて!
銀鮭が美味いのか?
塩麹が美味いのか?
いやどっちも美味いのか。
これだけでご飯3杯はいけるよ。




サブは4品の中から2品チョイス。
自分で小鉢に盛ります。
限界まで盛れそうだけど、そんなことをするような人は来ない雰囲気。


厚揚げと秋野菜の炊き合せ


1つ目は「厚揚げと秋野菜の炊き合せ」を。
しっかり味が染みていて美味しい~
人参が特に美味しかったな。
これだけでご飯2杯はいけるよ。


こんにゃくの田楽


もう一つは「こんにゃくの田楽」を。
青唐辛子のピリ辛味噌がよく合います。


自家製ドレッシング


サラダにかけるドレッシングは2種類とも自家製。
まずはにんにくの効いた焦がし妻沼ネギ。




もう一つは甘さと旨さが売りの安納芋。
これは芋やTATAとのコラボなんだって。


玄米飯&味噌汁


ご飯(玄米or5部づき)と味噌汁はお替り自由となっています。




玄米って普段食べ慣れていないけど、こういうところで食べるとすごく美味しいよね。
とろろをぶっかけて食べたいな。
味噌汁は味噌の味は強くないけどしっかり旨味が出ている。
それぞれ1杯ずつお替り。


デザート



ゆったりほっこり満足でデザート追加。
かぼちゃのプリンと安納芋のしっとりケーキ。



ああ、満ち足りたな。
詰め込んだ感は皆無の満腹感、非常に幸福度と満足度が高いです。
ヘルシーでお腹いっぱい、それなのにやらかした感は無し、素晴らしいです。
ご馳走さまでした。


掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-熊谷のグルメ
-, , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.