おしらせ

前橋市大手町一丁目昭和庁舎1階「G FACE CAFE」のウィーナーメランジェとレアチーズケーキ

前橋のグルメ

いよいよ9月になっちゃいましたね。
気分的にも気温的にも秋ですなぁ。




Gface01
それじゃあ今日は落ち着いたネタで。
先月に群馬県庁の隣の昭和庁舎でJETプログラムに参加しました。
2014年度 JETプログラム 空手教室




Gface02
そこで2回の講座を終えてお茶をしたのがここ「G FACE CAFE」です。
ここは昭和庁舎1階にあるカフェ。
すごく落ち着いたレトロな雰囲気です。
アウェー感が半端ないぜ。


Gface03
Gface04
冷や汗を隠しながら恐る恐る席につき、メニューをチェック。
げぇぇ、オシャレメニューばっかり!
ザッハー?
メランジェ?
シュニッテン?
フランツ・ヨーゼフ皇帝?


Gface05
Gface06
やばい、やばいよ、これ、何がなんだか全然わからないよ!
しかし空手家たるもの、どんなにビビっても顔に出しちゃあいけない。
そしていつでも「それは想定内だ」「効いてないぜ」「まだ余力は充分だ」というような顔をしてなくちゃあいけない。



Gface07
指をパチンと鳴らして「Frau Ober!」とウェイトレスを呼ぶ。
そしてしたり顔ながらも舌を噛まないように注文する。
「ふむ、ウィーン風コーヒーがよかろう。冷たいウィーナーメランジェとレアチーズケーキを人数分くれ給え。」


Gface08
しばらく雑談しているとウィーナーメランジェが出てきた。
「泡立てたミルクを浮かせたウィーン風コーヒー」か、なるほど。
ふ、群馬でウィーン風コーヒーが飲めるとはな。
もちろん私がウィーン風コーヒーがどんなものなのかを知っている訳は無いけど、空手家たるもの(以下略)


Gface09
グラス下部にもミルクが。
コーヒーの渋さとミルクのまろやかさが演武で疲れた身体を癒してくれる。
ふむ、ここのウィーナーメランジェはいい仕事をしているじゃあないか。
もちろんお子様舌の私がコーヒーの味の詳細な評価を出来るわけがないんだけど、空手家(以下略)


Gface10
レアチーズケーキもやってきた。
北窓から入る午後の陽光が素敵なケーキと器を際立たせる。
ウィーン王朝の午後はケーキとコーヒーで優雅に過ごす。
我々もそれにあやかろうじゃないか。

もちろん世界史の成績は壊滅的だった私がウィーン王朝の(以下略)


Gface11
酸味の効いたレアチーズケーキに、別の酸味のブルーベリースースが良く合う。
オーストリアは湿度の低い大陸性気候のため、チーズやブルーベリーの生産が盛んだ。
当然、それらを使った料理が発展する。
もちろん地理の成績も壊滅的(以下略)



ふう、ご馳走様でした。
いやぁ、この落ち着いた雰囲気に圧倒されちゃったよ。
ビビってたのはバレなかったよね?
尻汗で椅子は濡れてないよね?
でも次はゆっくり来てみたいなぁ。
昼時はランチもやってるようだしね。


     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。
【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

ダニエルさんをフォローする
スポンサーリンク

コメント