深谷のグルメ

深谷市田中「中華菜館」の四川麻婆豆腐定食

2012年3月7日 執筆者 : ダニエルさん

今日は本格中華が食べたくなって深谷市田中にあるお馴染みの「中華菜館」にやって来ました。


ウチは夜に中華を食べたくなるとここに来ます。



さあ、メニューをチェックだ。
「今日はレバニラ定食にしよっと♪」と思っていたのだが・・・



あれ、なにこれ?
なんか書いてあるぞ?
なになに「四川風 1000円」だって?
これ、麻婆豆腐定食のスペシャル版ってことかな?
思わず怖いもの見たさでこれを注文。
まあ、レバニラは次回でいいよね。



さーて来ました来ま・・・・!!??
ななななんじゃこりゃ~~~!?!?



やってきた四川麻婆は見るからにヤバイ暗赤黒色!!!
脳内の危険信号は鳴りっぱなし!!!
匂いをかぐだけで体中の毛穴が開く。

ど、どうすんだ、これ?
その危険度は脳内マイケルが「dangerous」を踊りだすレベル。







たっぷりの麻婆豆腐の上には危険極まりないスパイス類がビッシリ。
明らかに飽和状態、どう考えても溶けきってない。

こ、これ、俺が食べるの?食べないといけないの(汗)



恐る恐るスプーンですくってみると凄まじい粘度にビビる。
まさに赤い溶岩、レッドマグマだ。

こんなモノを体内に摂取して大丈夫なんだろうか?
危険度は更にアップ、俺の脳内トム・クルーズがF14で飛び立つ。





こりゃあご飯で希釈しながら攻略するしかあるまい。
しかしちょっと載せただけでもご飯が真っ赤に染まるのを見てさらに恐怖する。
しかしビビってばかりもいられない。
「注文したものは残さず喰う」が日本男子の矜持。
思い切って口に入れてみる。



あれ?意外と辛くないぞ?
正確に言うと「口の中ではそれほど辛くはない」って感じ。
でも食べた瞬間に体温は急上昇している感じ。
「かれ~~~」ではなく「キタ~~~~~」って感じ。
何というかな、唐辛子による舌の上の辛さではなく、山椒による辛さって言えばいいのかな?
とは言えふつうの麻婆に比べればずっと辛いことは間違いない。
食べ進めていくうちに汗はダラダラ、鼻水まで出てくる。
うんうん、美味い、美味い!
コレは・・・イケル!!




しかしさすがにコレをご飯一杯で食べ切るのは無理だ。
ご飯と水のお替りを要請して戦い続けよう。



忘れていたけどラーメンも付いているぞ。
このラーメンがすっきりしてて美味いんだよね。



最後には杏仁豆腐を追加注文し、この戦いを締めくくろう。



ふう、ご馳走様でした。
うん、辛かったけど美味かった!
基本的に辛いのは苦手なんだけど、こういう辛さなら大丈夫だなぁ。
汗をたっぷりかいたので、妻に「顔色が良い」「肌が綺麗」と言われたよ(笑)
まあ、老廃物は全部流れだしただろうなぁ。
美味しくて美肌効果もあるとは素晴らしい限りです、ハイ。



過去の記事
深谷市田中「中華菜館」の木須肉セットとピリ辛拉麺セットと餃子
https://kagohara.net/2011/11/9690.htm
深谷市田中「中華菜館」の定食セット色々と餃子とオフ会
https://kagohara.net/2011/05/8368.htm
深谷市田中「中華菜館」の麻婆豆腐定食セットと拉麺・半炒飯セット
https://kagohara.net/2011/04/8203.htm


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-深谷のグルメ
-, , , , ,