おしらせ

熊谷市妻沼の国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」その2

埼玉のイベント・スポット

前回からの続きです。



待合室

20111123_16
置いてあるのは陶器製のストーブなのかな?



廊下

20111123_17
20111123_171
20111123_18
長い廊下は西日が入るために優しい明るさ。
昔の病院っぽい暗くジメジメした雰囲気ではありません。
壁のライトもレトロでいい感じ。
さすがに床は痛んでますね。



診察室

20111123_19
20111123_20
20111123_21
20111123_22
20111123_24
20111123_23
20111123_25
当時の用具などがそのまま残っている診察室。
産科医院特有の器具もある。
木を基調とした室内、さらに前面からの採光があるので、ここも暗い雰囲気はない。
昔の病院というと「暗くて白くて冷たい」という印象だが、ここまで昔だと逆だね。
大量のハサミを見ると下半身がキュンとなるな(汗)



分娩室

20111123_26
20111123_27
20111123_28
分娩台が妙に生々しい。
この洗面台で体を洗い、この秤で新生児の体重を測ったんだろうなぁ。
この医院は昭和50年代前半までやってたわけで、てことはこの秤に載った人は近所にずいぶんいそう。
さすがに機器類は近年のものか。
開院当時はどんな感じだったのだろうか。



手術室

20111123_29
手術室にはそれほど器具は残っておらず、あまり面影はない。
どうでもいいけど「しゅじゅつしつ」ってすごく言いにくい。



屋上

20111123_30
20111123_31
20111123_32
「せっかくだからどうぞ」と言われたので屋上にも上ってみました。
怖いよこの階段(汗)
この建物は当時のまま残しているとは言え、さすがに痛みすぎているところは修繕してあります。
よって窓のサッシ交換と屋上の防水加工は実施済み。
なお、この日は修繕のため、建築関係の皆さんがが来て、各所をチェックしていました。



ふう、存分に堪能致しました。
この建物、何かに利用できるように直すべきところは直していくそうです。
予算やなんかの兼ね合いが難しそうですけど、せっかくの建物なんだから、やはり使わないともったいないよね。


[map lat=”36.22251690308902″ lng=”139.37740802764893″ align=”undefined” width=”550px” height=”400px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]36.222517,139.377408[/map]

     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。
【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

ダニエルさんをフォローする
スポンサーリンク

コメント