熊谷市新島「幸楽苑 熊谷新島店」の極旨醤油ラーメンと中華そばと半チャーハンと餃子

2010年10月3日熊谷のグルメラーメン, 中華


お知らせ



よし、珍しくラーメンネタの連発でいこう。
今回は「幸楽苑」だ。
色々なところにあるので、知ってる人や行ったことある人は多いでしょう。
リーズナブルなお値段で有名なこの幸楽苑、私は入るのは初めて。
どんなメニューがあるんだろ?


メニューをチェックすると「しょうゆ」「みそ」「しお」の基本的なラーメンや、餃子やチャーハンなどのオーソドックスなものが並んでいます。
その他、季節のものやおつまみもあり。
その中でも特筆すべきは中華そばです。
なんと290円(税込304円)というその値段にビックリ、逆に不安になっちゃうレベル。
よし、それとそれ、あとこれも頼んじゃおう。


s-IMG_6056
さてさて、待ち時間もほとんど無く、いろいろやって来ました。
というかめちゃくちゃ早いぞ。
今回注文したのは「中華そば」と「ミックスセット」です。
ミックスセットは餃子と半チャーハンのセットのこと。


s-IMG_6059
まずは中華そばからいきましょう。
チャーシューとメンマ、海苔とネギというシンプルな構成。
今時の凝ったラーメンとは比較にならないが、基本通り期待通りの中華そばって感じで充分に美味しい。
そもそもこれで290円(税込304円)とは、こっちが申し訳なく思ってしまうレベルだ。
チャーシューこそ芸術的な薄さだが、この値段ではどんな文句を言ってもバチが当たるというもの。


s-IMG_6061
s-IMG_6072
チャーハンは味はちょいと薄め、パラパラというよりポロポロのタイプです。
斜めになった釜がぐるぐる回っているチャーハン製造機で作られているのが面白い。
メインを張るにはちょっと厳しいところだが、ラーメンの箸休めにはちょうどいいだろう。
薄味を逆手にとってラーメンのスープと一緒に食べるという手もあるぞ。


s-IMG_6064
s-IMG_6068
餃子は6個1皿180円(税込189円)という安さ。
値段相応の具だが、ニンニクがガッツリ効いていてる。
こりゃあ昼には食べられないなぁ。
以上で税込724円、コストパフォーマンスは凄まじいものがあります。


s-IMG_6057
こちらは「極旨醤油ラーメン」です。
麺は中細で縮れ麺、スープは甘味が強めな醤油味。
「中華そばをグレードアップ、コクと旨みを強めた今風の醤油らーめんです。」というキャッチフレーズ通り、中華そばとの100円の差は歴然、美味いよコレ。
むう、伊達に極旨は名乗ってないぞ。
すごく分かりやすい旨みで、とても気に入っちゃいました。
それでも390円(税込409円)とは、幸楽苑恐るべし。


ご馳走様でした。
美味しかったです。
正直言って「安かろうまずかろう」だと思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。


s-IMG_6075
それにしてもラーメン2杯に半チャーハン1杯、それに餃子2皿を食べて1322円とは安すぎだ!
他所でラーメン1杯食べる値段で2杯は食べれちゃうんだからスゴイ。
全体的に味も安定しているし、私的には充分満足です。
なにより気楽に入れるのがいいですね。
今はちょっといいラーメン屋さんは入るのも食べるのも結構緊張するからなぁ・・・

[map lat=”36.165843426052206″ lng=”139.3567281961441″ align=”undefined” width=”550px” height=”400px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]36.165843,139.356728[/map]

2010年10月3日熊谷のグルメラーメン, 中華