Yahooブログバックアップ 不動産の話

賃貸物件の契約期間:その他

賃貸物件の契約期間の話の最後、「その他」編です。

途中解除した場合、たとえ1ヶ月しか借りていなくても支払った礼金は戻りません。
また契約の内容によっては違約金が発生する場合もあります。
契約内容に気をつけましょう。
ちなみに家財保険は解約すれば残りの期間の保険金は帰ってきます。
ちゃんと迅速に手続きしましょう。

また、部屋の消耗度によってはクリーニング代や修繕費がかかる場合もあります。
これは敷金から引かれます。
一般的に言って、賃貸借期間が短ければ短いほど借主の負担の割合は大きくなります。
ですからあまり短期間で引越しを繰り返すのは損といえます。

もしも更新を忘れたら即座に追い出されるでしょうか?
契約書に書いてあると思いますが、基本的にはそんなことはありません。
契約期間が満了したにもかかわらず更新契約が行われなかった場合、以前と同じ条件で借主はそこに住み続けることができます。
これを「法定更新」といい、法律的に更新契約をしたとみなされます。

しかしこの法定更新、「期限の定めのない賃貸借契約」に切り替わってしまいます。
となるともし貸主に契約解除を言われて場合、すぐに出ていかなければなりません。
ですからちゃんと更新契約をするのが良いですね。
普通は不動産会社や貸主から更新の連絡は来ますが、忘れられている場合もあります。
自分の契約期間はしっかり把握しておきましょう。

以上のことは一般的な話です。
契約内容によってはこの通りに行かないこともありますので、自分の契約内容はしっかり理解しておきましょう。



にほんブログ村
埼玉食べ歩き





本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5