藤岡のグルメ

藤岡市藤岡「甘楽亭」のイカエビ丼

2017年7月21日 執筆者 : ダニエルさん


昨日で籠原の夏祭りが終わりました。
今日は熊谷のうちわ祭りの2日目、明日は3日目ということで、熊谷の街中は大盛り上がりですね。
かなり暑いので健康管理には注意してくださいね。
美味しいものをがっつりと食べないと体力持たないよ!



藤岡市藤岡「甘楽亭」


さて、今日は久しぶりに群馬県藤岡市に行って見ましょう。
やってきたのは明治38年創業の老舗「甘楽亭」です。
がっつり食べられるので重宝しております。


メニュー


メニューをチェック。
ここのメインは甘辛のタレをくぐらせたタレカツ。
そのタレカツ2個にメンチカツ2個がついた大盛りランチが私の基本です。




なのでこっちの御膳シリーズはあまりよく見たことがない。
カツカレーやうな重なんかもあったのか。
エビフライもあるのか。


イカエビ丼


なんだかピンときて「イカエビ丼」を注文。
とんかつ屋にいって肉を喰わないという選択に我ながら勝手に痺れる。




イカエビ丼はえびフライ2尾、イカフライ2枚の構成。
大きなエビフライが重箱からはみ出ているのが壮観だ。
それにしても「イカエビ丼」の名前はちょっとアレだな。
安っぽい感じがしない?
せめて「海老イカ丼」にしたほうが高級感出る気がする。


エビフライ


エビフライってなんだか特別な食べ物だよね。
しかもこんなに大きいのは滅多に食べる機会がない。




これも甘辛いタレをくぐらせてあります。
エビフライというとソースやタルタルが一般的だけど、甘辛タレもバッチリ合います。
しゃくっとした衣、むっちりしたエビの身、食べ応えありますな。
エビの風味が舌に鼻に踊りますよ。


イカフライ


続いてイカフライも。
パッと見はタレカツなので「これ、本当にイカフライ?」と疑っちゃう。




うん、やっぱりイカフライです。
イカは格子状に切れ目が入っていて食べやすい。
衣はタレカツと同じなので、これまた全然違和感はない。
これは美味いな。






タレは甘辛なので喉が渇く。
そして同じ味が続くので飽きやすいかも。
なのでその他の構成物を上手く使って最後まで美味しくいただきましょう。



ふう、ご馳走様でした。
ガッツリと満腹満足です。
久しぶりの甘楽亭、満喫いたしました。
でも肉を食べていないという不思議。


お弁当メニュー


ちなみにお弁当メニューもあります。
もつ煮なんてあるのか!


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-藤岡のグルメ
-, , , , , ,