熊谷市代「すたみな太郎 熊谷バイパス店」でディナーバイキング(非ソロ)

2017年4月29日熊谷のグルメファミレス, アイス, クレープ, ケーキ, ジャンク, スープ, デザート, ラーメン, 寿司, 満腹, 焼肉, 熊谷, 遊園地, 食べ放題


お知らせ




さあ、いよいよGWに突入ですね。
天気も良さそうでなにより。
そして今日は29日、肉の日です。
肉!肉!肉!



熊谷市代「すたみな太郎 熊谷バイパス店」


それでは今日は肉のネタを。
やってきたのは皆さんおなじみ、子供も大人も存分に楽しめる食のワンダーランド、レジャーオブフード「すたみな太郎 熊谷バイパス店」です。
スタロー歴は長い私ですが、これまでは昼にソロでしか来たことがありません。
それが今回は非ソロ&ディナー!
夕暮れに浮かび上がるすたろーのシルエットに思わず武者震いが。
なお今回は妻を説得してなんとかついてきてもらいました。
もちろん料金は私の小遣いから。
自腹かつお願いして来てもらうとは・・・


料金体系


時間による料金体系になったのか。
90分、120分、150分の3通りあります。
といっても最初は90分で始めて、延長したくなったら追加料金というのでも損得なし。
ただし混雑時は延長不可の可能性があるということか。
ソロの俺には90分でも長すぎで60分で十分だけど、今回は非ソロだ、120分にしておこう。


魅惑のディナーメニュー


この日は春休み期間とあって平日夜でも子供連れでいっぱい。
満席のすたろーなんて開店時以来だな!
それでは憧れのディナーメニューをチェックしよう。
昼と夜では料金は1.5倍ほど違う。
その差はちゃんとあるのか?




初のディナーとあって興奮気味の私、まずはあれこれ取ってきます。


オープニングサラダ


それでは頂きます。
まずはサラダから。


昼と全然違う肉!


続いて早速焼肉にいきます。
おお、肉が全然違う!!




昼のペラペラな肉はすぐに焼けるけど、これらはいつも以上に焼き時間がある!
今まで俺がスタローで喰っていた肉は何だったんだ?
厚い!
デカイ!
美味い!

昼に比べて3倍くらいはクオリティが違うぞ。


オリジナルフェイバリットタレ


肉を迎えうつタレはいつも通りの「たっぷり大根おろし+辛味噌+卓上のタレ」です。
これが甘辛くて非常に美味い。


おろしポン酢


そしてもう一つ「たっぷり大根おろし+ポン酢」も最近のお気に入り。
こっちのほうがさっぱりしてて肉をたっぷり食べられます。


肉をお替わり


ガンガン肉行くぜ!
厚いカルビ!
巨大なハラミ!
赤身のともさんかく!
いや~、いいですね、いいですね。





ちなみに当たり前だけど、肉のクオリティは焼肉屋には劣ります。
でもここは客の自由度が高く、自分のペースと食べ方を創意工夫できるので、結果的に満足度は高くなります。
この値段で好きなものを好きなように腹いっぱい食べられるというのが素晴らしい点なんです。

ルールは
・残さない
・持ち帰らない
・肉はよく焼く
だけ。
あとはフリーダム!



普段は焼かないネギなんかも焼いちゃったり。
ウッキウキです、私。


お寿司


お寿司も食べちゃう。
昼に見ないものをあれこれと。
ちなみに当たり前だけど、寿司のクオリティは寿司屋には劣ります。
以下同文。


カルビスープ


カルビスープも欠かせない。
このジャンク度は尋常じゃあない。
これにご飯を入れてカルビ雑炊にしてもいい。
うどんやラーメンも合うぞ。


デザート


昼にはないレアチーズケーキやオレンジムースなんてのもあったぞ。
アイスも添えて豪華になった。


クレープも


クレープも作れちゃうのか!
これは子どもたちに大人気。
順番待ちして作っちゃったよ。
めちゃくちゃ楽しい。


締めはメロンソーダ


締めはメロンソーダ。
時間は120分にしといてよかった。
妻はクレープ作りが楽しかったらしく、3回ほど作ってたから、結局時間ギリギリだったよ。
ちなみに最初の1時間は黙々と食事。
会話はほとんどなし。
一緒に来た意味ねぇ(笑)



いや~、満喫しました、食の遊園地!
超満腹超満足です。
結論、料金以上の差はありました!
こりゃあもう昼には行けないなぁ。
20秒で焼ける薄い肉に耐えられるか・・・
でもまあ、あれはあれで楽しいしな。
きっと昼もいくんだろうな。



そしてみんな知ってるかい?
スマホで「ガッチャモール」を調べると幸せなすたろーディナーライフが送れることを。