エリア 埼玉 うどん・そば グルメ 加須

加須市大門町「登治うどん」のカレー南蛮うどん ~マイナー錬編~

投稿日:2012年12月18日 更新日: |author: ダニエルさん

前回からの続きです。
埼玉県鴻巣市広田「一福」のいがまんじゅう ~マイナー錬編~

師走の総選挙となった12月16日。 今まで騒々しく走り回っていた選挙カーもいなくなって街は静かに。 そんな中、月一恒例のマイナー錬は行われました。 マイナー錬とは、複雑に入り



出来立て美味の大きないがまんじゅうの補給を終えた「うどん錬」の我々は加須へ。
ここに第一目的地であるうどん店はある。


minor201212_02_01
やって来たのは加須市大門町、125号沿いにある「登治うどん」です。
時は午前10時2分。
午前10時の開店に合わせた予定通りの到着だ。


minor201212_02_02
大きくて綺麗なお店ですね。
昔は三角の建物が角に建ってた気がするな。



minor201212_02_03
開店直後ということもあって、さすがにお客さんはいないね。
それじゃあメニューをチェックしよう。
この後にまだ2軒のうどん店をひかえる身、あまりヘビーなものは選べない。
いや、でもせっかく来たんだ、食べたいものを食べなきゃ、加須うどんに対して失礼じゃないか?
実は加須のうどんは初体験。
よし、ここは「今ここで食べたいもの」を素直に注文しよう。


minor201212_02_04
さーて、来ました来ました。
魂の囁きによる注文は「カレー南蛮うどん」だ。
前傾姿勢で乗るロードバイクにカレー汁はキツイことはわかっている。
うどんが汁を吸って重くなるのもわかっている。
でもね、そんなことは関係ない、関係ないんだ。
とはいえ、大盛りを頼めなかったところにイマイチ弱気の面が見られる(笑)


minor201212_02_05
カレーとだし汁が混じった香りが素晴らしい。
これは「うどんにカレーをかけたタイプ」ではなく、「カレー風味の汁タイプ」の昔ながらのカレーうどんだな。
ドキドキワクワクだ。


minor201212_02_06
それじゃあ頂きましょう。
熊谷うどんに比べればうどんは細め。
でもまあ、一般的にはこれが普通だよね。


minor201212_02_08
お、こりゃ美味いな!
しっかりコシがあるのに硬いわけじゃない。

喉越しツルツルでうどんの味と食感が心地良いぞ。
なるほど、これが加須のうどんか!


minor201212_02_07
カレー汁は濃い茶色で、やや透明感もある。
味的にはカレーっぽさはあまりなく、うどんのダシのほうが強く出ている。
ほんのりとカレーの香りが鼻に抜ける、昔ながらのカレーうどんだ。

うん、美味い。


minor201212_02_09
ツルツルシコシコ。
加須うどんに感激しながら食べ進めるメンバーたち。
まだ一軒目とあって余裕があるね。



ご馳走様でした。
非常に美味かった!
こりゃあまた来なければね。
他の加須うどん店もチェックせねば!


minor201212_02_10
しかし、加須うどんの余韻に浸っている暇はない。
我々はこの強烈な向かい風の中、あと2軒のうどんをランチタイム中に食べなければならない。
風と時間との戦いなのだ。

次の目的地に向かって走りだします。


minor201212_02_11
「ちょっと待った!」
不動岡小学校の東を走っている途中で銀輪さんが興奮気味に叫ぶ。
なにやらお宝を見つけたようだ。
http://ginrinjyousi.blogzine.jp/weblog/2012/12/no_568b.html


minor201212_02_12
しばらく走ったところでPasar(パサール)羽生に寄って休憩。
ここは東北自動車道の羽生PAにある休憩所だ。
自転車も通行料金を払えば高速で走ることができるのだ。
ただし、時速80km以上で巡航しないと車の流れに乗れないため、ある程度走り込んでいる者でないと危険である。


minor201212_02_13
中には売店やフードコートがあるぞ。
特にフードコートには他では見ないお店がいろいろ入ってて目移りする。
くぅぅ、今日が「うどん錬」じゃなければ色々と買食いするのになぁ。
今回はソフトクリームだけで我慢しとくか。


minor201212_02_14
ちなみに自転車で高速に乗るのはウソですので料金所には行かないように。
このように、歩行者は裏から入れるんだね。
最近のSAやPAはこういうのが多くて助かるよ。


minor201212_02_15
休息を終えた我々は再び走りだす。
強烈な向かい風がキツイ。
しかし、街中は風除けがあるからまだマシ。
利根川CR(サイクリングロード)に出たら突風をまともに受けることになる。


minor201212_02_16
昭和橋のあたりから利根川CRへ。
ここからは「地獄の利根川峠」だ。
ここからは順番に先頭を走るローテーションとなる。
先頭を走る人が風除けとなり、後ろの人が体力と脚を温存する。
もちろん先頭は100%の向かい風を受けるため、これがまた滅茶苦茶疲れるんだな。


minor201212_02_17
って、あれ?
みんな、遠いよ?
ローテーションどころかトレインからも脱落・・・
漕いでも漕いでも差は開くばかり。
他のメンバーとの脚力の違いを見せ付けられる。


minor201212_02_18
どうにか刀水橋までたどり着くものの、すでに心は折れ、脚は痙攣し、泣きが入る私。
「俺には無理っす」
「もうついて行けません」
「こんな貧脚の俺が参加するなんて身の程知らずでした」
「ここで離脱します」
「スイマセン、もう来ません」





その時、銀輪さんの目が光った。
「バカヤロー!!!」
銀輪さんの稲妻のようなストレートパンチで私は自転車ごと吹っ飛ばされる。
ゴロゴロと土手を転げ落ち、薄れ行く意識の中で銀輪さんの声が響く。
「ダニエル、うどん錬の『錬』とは、鍛錬の『錬』だ。
鍛錬とは厳しい訓練や修養を積んで心身を強く鍛えること。
厳しい条件の中で自分の力を100%出しきり成長する。
それは誰かと競争するものでもなく、比べるものでもない。
今日100%踏めない奴は明日も100%は踏めない。
お前は今日、100%の力で踏んだじゃないか。
それを誇れ。
そして自分の今の力を認識し、次の目標を定めるんだ」




そう語る銀輪さんのサングラスの奥に光るものが見えた。
そうだ、確かに今の俺の脚では他のメンバーには遠く及ばない。
しかし、それをしっかり認識した上で頑張ればいいんだ。
自転車は走った分だけ強く速くなる。
冬の間にしっかり走り込もう。
来年の春にはもっと成長した俺をみんなに見せよう。




そう決めた俺の心は北風舞う利根川の空のごとく澄み渡っていた。
折れた心は再び蘇る。
さあ、次のうどん店はすぐそこだ!



続く。

地図

36.131688,139.592189

※重要※ サイト名とURLの変更について


サイト名とURLが変更になりました。
ブックマークに登録されている方は変更をお願い致します。

旧サイト名:カゴハラウォーカー
旧URL:http://kagoharawalker.com/

新サイト名:カゴハラネット
新URL:https://kagohara.net/

しばらくはサイト名変更と移転に伴う不具合や混乱があるかとおもいますが、これからもよろしくお願いいたします。
掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。

-エリア, 埼玉, うどん・そば, グルメ, 加須
-, , ,

Copyright© 【カゴハラネット】 籠原・熊谷・深谷などのおすすめランチ・グルメ・地域情報など , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.