カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

閉店

熊谷市肥塚4「大分からあげ げんこつ堂」のげんこつ唐揚げ弁当

2012年9月21日

閉店しました

唐揚げ話2連発で行こう。
先日、くいしんぼさんのブログを見てたら出てきた「肉汁貯水池」という言葉に心を射抜かれた
げんこつ堂 大分からあげ 熊谷市

そんな言葉を見ちゃったらさ、我慢できるわけないよね。





というわけで熊谷市肥塚4丁目にある「大分からあげ げんこつ堂」に行って来ました。
「赤から」の敷地内にある小さなお店です。




メニューはこれ。
唐揚げをメインとして、お弁当もやっている。
大分名物というとり天やチキン南蛮もあるね。

今回はウチに帰って食べるため、お弁当でいってみよう。




ゲットしたのは「げんこつ唐揚げ弁当・黒」「げんこつ唐揚げ弁当・赤」「げんこつ唐揚げ・白」です。
唐揚げは赤・白・黒の3種類があるぞ。
今回は白だけ単品にしてみた。




まずはからいってみるか。
お弁当はご飯と漬物、マカロニサラダ、それにげんこつ唐揚げ3ツという構成。




黒は「秘伝の醤油」で味付けされたもの。
丸々の唐揚げに詰まった肉汁を想像するだけでクラクラくるぜ。




それじゃあ頂きましょう。
うんうん、オーソドックスながらもおいしい唐揚げだ。
味付けはにんにく醤油なのかな?




こちらはげんこつ唐揚げ・白
「こだわりの塩」味だ。
単品は1個150円、半分の大きさ(それでも他店の普通の大きさ)だと80円だ。




げんこつ唐揚げは1個70~80gの大きさ。
超巨大ってわけではないけれど、箸で持つと結構重いし、食べ応えも充分にある。




お、こっちもシンプルだね。
塩気はあまりないけど、鶏の旨味はこれで味わえるかな。
今回は揚げたてを食べたわけじゃないので肉汁洪水はなかったけど、揚げたてなら火傷の心配をしなければならないだろう。




さて、最後はだ。
赤は「クセになる一味」とのこと。
こりゃあ見るからに辛そうだ。




それにしてもこれ、大丈夫なのかな?
見たところ、「鶏肉の下味が辛い」とか「衣に唐辛子が混じってる」というものではなく、揚げた唐揚げに一味唐辛子がまぶされている感じだ。
とはいえ、普通に売ってるもんだから、なんとか食べられる範囲の辛さだろう。
恐る恐る食べてみるか。





どわぁぁぁ、かれぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!
なななななんじゃこりゃ~~~!?!?!?!?

この壮絶な辛さと粉っぽさ!!!!
コレは唐揚げなんてものじゃない。
一味唐辛子をふんだんにまぶした何かだ。
唇に触れれば腫れ上がり、舌に触れれば麻痺する。
「辛さの中に旨味がある」なんてことは微塵も感じさせない、その潔いまでのシンプルでダイレクトな辛さは初めての体験。
俺、なんでこんなの買っちゃったんだ・・・
そもそも辛いの苦手なのに・・・




あまりの辛さに一口でギブアップ。
とはいえ、「自分で頼んだ食べ物は残さない」のが我が家の家訓。
その後はなんとか出来る限り一味を落として食べたけど、やっぱり辛かった・・・
涙目どころじゃなく、本当に涙を流しながらなんとか完食。
厳しい厳しい厳しい厳しい戦いだった・・・
今、画像を見てるだけでもヤバイ汗が吹き出てきてるよ。



いや~、それにしても辛かった。
辛さだけならタイカレーとかのほうが上だけど、なんといっても一味のストレートな辛さには参った・・・
その無慈悲で単一的で直線的で超攻撃的な辛さは破壊力抜群。
しかも一味の粉っぽさがその辛さに拍車をかけている。
その粉っぽさは「きなこ餅のきなこが一味唐辛子になったもの」と思ってくれれば大体合っている。
あまりの衝撃に白と黒の唐揚げの感想が吹き飛んだよ!



辛いのが好きな人は是非ともチャレンジを。
そうでない人は絶対に止めておくべきだ。
これは危険だ!
繰り返す、コレは危険だ!
あ、今度は白と黒を揚げたてで食べてみよっと。


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-閉店
-, , , , , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.