深谷のグルメ

深谷市国済寺「いっちょう」の豚焼肉でかランチ

2012年5月7日 執筆者 : ダニエルさん

我が家の家訓として「頼んだものは残すな」というものがあります。
自分の体調や胃の容量は常に把握するべし。
自分で注文しておいて食べきれないというのは恥ずかしいことである。
食べ放題で残すなんてのは言語道断だ。
とはいえ、これまで人生の中では家訓を守れなかったことも・・・



今日のネタはおなじみの「いっちょう」でいってみましょう。
以前、ここの「豚焼肉でかランチ」で家訓を守れなかったことがあります。
藤岡市藤岡「いっちょう」の豚焼肉でかランチ
https://kagohara.net/2009/02/1845.htm
あれから3年余、汚名返上の時は来た。




ということでやってみました、豚焼肉でかランチ
こいつは名前通り、言わずと知れたデカ盛りの定食。
ご飯に焼肉、それに味噌汁とお新香、うへぁ~、相変わらずのボリュームですなぁ!




焼肉は豚バラで20片近くはある。
しかもそこそこ厚みがあるため、ボリューム的には相当なものだ。
これだけで2,3人前と言えそう。




焼肉の味付けは甘辛系。
味が濃い目のため、ご飯が進むことは間違いなし。
さらに豚脂がギューッと胃と舌を刺激するぞ。




ご飯は当然大盛り。
手に持つとずっしり重い。
ちょうど良く炊けてて美味しいね。




さてと、それじゃあいってみますかね。
まずはたっぷりタレの付いた肉をご飯に載せて・・・




ご飯ごとガーッと口の中へ放り込む!
溢れる肉汁、ほとばしるタレ!
くぅ~、これだよこれ!
これが焼肉定食の喰い方だぜ!





おらぁ、どんどん行くぜ!
なにしろ肉はたくさんある。
ちびちび食べる必要は無いし、誰に遠慮することも無い。
肉と飯、存分に味わって喰らおう。




とはいえ、さすがにこの甘辛の味付けは飽きてくる。
そんな時は唐辛子をぶっかけよう。
その刺激で食欲は回復し、まだまだ戦い続ける事ができるぜ。




頼もしい味方、漬物と味噌汁
前回は早々にこれらを消費してしまったために苦戦、屈辱の持ち帰りとなってしまった。
今回はしっかり余裕を持ってペース配分したの楽々と食べ進んでいける。






、肉、肉!
肉は正義。
肉は生命の源。
肉は明日への活力。
そのエネルギーを体内に蓄積せよ!





ぶはぁ~、ご馳走さん!
さすがに腹一杯だな!
ご飯も肉も見た目以上に量があったぜ。
これで3年前のリベンジは成った。
でもまあウチの家訓、親としては「食べきれる量を注文しろ」ということを言いたかったんだと思うね。
しかしどうやら私は言葉通りに理解したようで・・・
いい歳ぶっこいて未だにこんなことしてます、ハイ・・・


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-深谷のグルメ
-, , , , ,