熊谷のグルメ

熊谷市仲町八木橋7階「双喜亭」の油淋鶏定食と八宝麺セット

2011年12月6日

さて、今回はまた八木橋にやってきたぞ。
八木橋といえば埼北に輝く老舗デパート。
デパートといえば食堂だ。



s-SOUKI01
今回入ったのは中華料理のお店「双喜亭」です。
なお、「双喜亭」の「喜」は「喜びが横並びで2つ」の漢字になってます。


s-SOUKI02
デパートの食堂といえばショーウィンドウ
コレ見るとテンション揚がるよね。
じっくり見て、あーでもないこーでもないと脳内議論を戦わせよう。


s-SOUKI03s-SOUKI04
で、店内に入ってメニューを見て、またまた脳内議論が始まります。
むむー、メイン料理のみから定食類まで色々なバリエーションがあっていいね。
こりゃあ迷うなぁ。


s-SOUKI05
得選定食になると定食に点心がつくのか。
よし、今回はこれでいこう。


s-SOUKI06
しばしお茶を飲んで待つ。
茉莉の良い香りだ。


s-SOUKI07
さーて、来ました来ましたよ。
チョイスしたのは「油淋鶏定食」です。
中華の定食と言えば「麻婆豆腐」「回鍋肉」などを選ぶのがいつもの私ですが、この日は朝早くから自転車で良い汗をかき、そのまま朝風呂でゆっくりさっぱりした後だったので、辛いのを食べて汗をかくのがイヤだったのね。


s-SOUKI08
油淋鶏(ユーリンチー)とは、

鶏のから揚げに、刻んだ長ネギをたっぷり入れた酢と醤油のタレをかけた中華料理の一つ。鶏のから揚げネギソースがけなどと呼ぶ店もある。粉をつけず油をかけながら皮を焼いたり、粉をまぶして揚げたものもある。日本の中国料理店では、一般的には骨のない部位を用いるが、本来の油淋鶏は骨付きのままブツ切りにすると言われている。

というもの。
鶏の一枚肉を唐揚げにして甘酢醤油がかかっており、刻んだ長ネギも載ってる。


s-SOUKI09
タレを吸っているのでさぞかしヘナヘナかと思いきや、きっちりパリッとしてて美味い。
さっぱりしつつも、鶏肉のジューシーさとタレのほのかな酸味で食欲が増す。
うん、ウマイウマイ。


s-SOUKI10
餃子もパリッと焼き上がっていて美味しいね。


s-SOUKI11
こちらは「八宝麺セット」です。
点心は餃子か小籠包を選べ、さらにミニご飯かミニ杏仁を選べるセットとなっています。
女性をターゲットとしている感じ。


s-SOUKI12
こういうのって載ってる具がメニューの写真より貧弱になりがちだけど、ここのはそんなこと無いぞ。
しっかり豪華に具材が入ってて嬉しくなるね。


s-SOUKI13
うんうん、美味しいねぇ。
コクのある、しっかり調理された味付けだよ。
なんだか鉄鍋でジャッと炒められた味がするような気がするね。


s-SOUKI14
小籠包でお口直し。
熱い汁で火傷しないように気をつけながら食べよう。


s-SOUKI15
なんといっても杏仁を選べるのがベリーグー。
やっぱり中華の締めは杏仁しかあるまい。



ふう、ご馳走さまでした。
満腹になったなぁ。
八木橋の中のレストランということで、雰囲気も落ち着いてるのがいいね。
でもさ、お店の雰囲気にそぐわないとんでもないメニューがあるんだよね。
それがこれ。
s-SOUKI16
s-SOUKI17
この客層で、コレを注文する猛者はいるのだろうか!?


[map lat="36.14598437461745" lng="139.38199996948242" align="undefined" width="550px" height="400px" zoom="15" type="G_NORMAL_MAP"]36.145984,139.382[/map]


当サイトではこの緊急事態下での不要不急の外出&外食を推奨する意図はありません。 あの楽しかったひと時を取り戻すために、今は耐えましょう。 そしてこれらの記事で事態が落ち着いた時のための喰力を涵養して頂けると幸いです。

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-熊谷のグルメ
-, , , , ,

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5