深谷のグルメ

深谷市稲荷町「木村屋」のコロネ

2010年5月2日 執筆者 : ダニエルさん

深谷市本住町の「黒んぼ食堂」で昼食をとった後、我々はミステリーツアーを続行した。
本住町から中仙道へ戻り、熊谷方面に歩き出す。
s-IMG_3293
唐沢川の行人橋を渡り、ずっと歩いていくと明治初期に建てられた深谷宿東の常夜燈がある。
ここから1.7kmほど西の田所町には深谷宿西の常夜燈があり、両方とも中仙道では最大級のものだ。

ミステリーツアーのルートはここから北に向かうことになる。
s-IMG_3296
この道はあかね通りという名の遊歩道になっていて、日本煉瓦製造上敷免工場と深谷駅の間で運行されていた貨物鉄道の廃線跡である。
国道17号を越える陸橋を通ると、左には県立深谷商業高等学校が見える。
深商といえば・・・キムパンだ。
この先は原郷・明戸の田園地帯へのルートで、食料品の調達はままならないだろう。
ここは少々ルートを外れても、キムパンで補給をしておくべきだろう。


というわけで、深谷市稲荷町のパン屋さん「木村屋」、通称キムパンに寄りました。
ここは高校生向けに安めの調理パンが充実しているパン屋さん。
深谷にはお世話になったファンは多いと思われます。
去年のミステリーツアーでも寄って、去年のゴール地点でバナナボートを食べたっけな。
あれからもう一年が経つのか。
今回は甘いのを3つゲットしました。
s-IMG_3299


カスタードコロネ
s-IMG_3300
素朴な生地のコロネにキムパンらしいクリームが詰められています。
現在のパン屋さんでは各店ごとに趣向を凝らした本格的なクリームパンがありますが、そういうのとは対極的なクリームです。
もちろん本格的なのも美味しいけど、こういうのも美味しいんだよ。
105円なり。


ココアコロネ
s-IMG_3307
見た目はチョココロネだけど、味はもちろんココア。
これも「薫り高い本格的なココア」という訳ではないですが、いかにもお菓子っぽい、ニヤリとしてしまいそうな味のココアです。
けっこう甘いのですが、いやらしい甘さではないのがさらに良い。
それにしてもコロネって頭と尻尾、どっちから食べるのが正しいんだろう?
これも105円なり。


バナナボート
s-IMG_3309
去年も買ったバナナボート。
ふわふわのスポンジにクリーム、中にはバナナで上には缶詰のミカン。
たっぷりのクリームを頬張れば、ミステリーツアーの謎なんてどうでも良くなる。
まさに至福の時だ。
145円なり。


甘味の補給で身体も脳もリフレッシュ完了。
さて、このままミステリーツアーを続行しましょう。


過去の記事
深谷市稲荷町「木村屋」のバナナボート
深谷市稲荷町「木村屋」のパン


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-深谷のグルメ
-, ,