カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

閉店

熊谷市新堀「手作りふる里饅頭屋」の焼まんじゅう

2010年4月25日

閉店しました

まんじゅう2連発!
今回は最近籠原駅北口に出来たお店「手作りふる里饅頭屋」です。



s-IMG_3090
通勤客の乗り降りに特化した籠原駅周辺、大抵の人は電車の乗り降りだけで利用します。
そのため、ここで飲食や買い物をする人は少数です。
利用者数から考えると、ここら辺は正直言って商売するには厳しいところ。
そんな籠原駅北口では非常に珍しい新規開店、地元民としては行くしかない。
赤い旗が立ち並ぶお店、さっそく入店します。


見渡すとショーケースに並ぶのは色とりどりのまんじゅう達。
あれ?
何か見覚えのあるまんじゅうだぞ?
s-IMG_3099
良く見るとやはり見覚えのあるまんじゅう、羽前屋忠左衛門のまんじゅうでした。
このまんじゅう、熊谷の群馬銀行前のお店が閉まってしまったので、随分ご無沙汰でした。
こんなところで出会えるなんて!
思わぬ幸運にニンマリ。


s-IMG_3101
さっそくまんじゅうをチョイス。
甘いのから辛いのまで、全部で十数種類のまんじゅうがあります。
今日は別に甘いのがあるので、ここでは甘くない系でいってみよう。
「ピリ辛ひじき」「山菜きのこ」「みそ」「チーズ」ってとこだな。
残念ながら一番の好物、味噌ツナは無いようだ。


s-IMG_3119
「ピリ辛ひじき」は名前の通り、ピリ辛のヒジキが入ったおまんじゅう。
ピリ辛と書いてあるけど、あまり辛くはありませんので安心。
同じタイプに「高菜」や「きんぴら」もあり。


s-IMG_3120
「山菜きのこ」は名前の通り、山菜ときのこが入ったおまんじゅう。
醤油で甘辛く煮た山菜きのこはまんじゅうの皮に良く合います。
ちょっとチンするとさらに美味しい。


s-IMG_3125
「みそ」は名前の通り、みそが入ったおまんじゅう。
意外なことに甘めのタイプです。
ゴマとクルミが入っていて、みそと言うよりあんこに近い感じ。


s-IMG_3126
「チーズ」は名前の通り、チーズが入ったおまんじゅう。
ダイスチーズが無造作に入れられています。
清々しいばかりのシンプルな構成、基本的なコンセプトはチーズパンと同じです。


s-IMG_3205
さらに焼きまんじゅうは1本(150円)から焼いてくれます。
よっしゃ、それじゃ2本焼いてくれ!
ふわふわの焼まんじゅう、タレはたっぷりで甘味も味噌味も出ていてバランスよし。
この焦げ目、このタレの匂い、持って帰るまで我慢するのは酷だ。


s-IMG_3212
焼まんじゅうって見た目は大きいけどふわふわだから、胃袋的には1本じゃ全然足りない。
でも甘くて濃厚だから、味的には1本で十分に満足。
どうすれバインダー!?
そのギャップに未だに慣れない私です。


ちなみにまんじゅうはどれも120g前後あるので、2つも食べればお腹一杯です。
家庭で自分で焼く用の「焼いてない焼まんじゅう(タレ付き)」もあります。
その他甘味もあり。


それにしても歩いていけるところにこういうお店が出来るのは嬉しいもの。
寂しい籠原駅周辺が少しでも盛り上がってくれればいいなぁ。
あとはがっつりボリューム系のまんじゅうが充実してくれるとうれしいなぁ。


[map lat="36.17547661055069" lng="139.32975322008133" align="undefined" width="550px" height="400px" zoom="17" type="G_NORMAL_MAP"]36.175477,139.329753[/map]


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-閉店
-, , , , ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.