おしらせ

藤岡市藤岡「成田屋」のたまご饅頭といちご大福

藤岡のグルメ

たまごプリンと言ったら、たまごを材料に使ったプリンだ。
たまごボーロと言ったら、たまごを材料に使ったボーロだ。
じゃあ「たまご饅頭」と言ったら・・・?



まだまだ藤岡が続きます。
成田屋さんは群馬県藤岡市にある和菓子とケーキの店です。
妻の実家では毎年末にここでお餅を買います。
これがまた、とても柔らかくて美味しいんだな。


店頭に並ぶ「天然バニラの焼きプリン」「いとごのロールケーキ」「まっちゃティラミス」などの洋菓子も魅力的ですが、今日は和菓子の気分。
「豆大福」「草餅」「いちご大福」などなど、美味しそうなものが並んでいます。
そのなかでで見つけたのがこの「たまご饅頭」。
「ほほう、これは生地にたまごを練りこんだ饅頭かね。ひとつもらおうか」
ということで「たまご饅頭」と「いちご大福」をゲット。


まずは「いちご大福」からいきます。
s-IMG_0291
白い皮の下に、イチゴの赤がほんのり浮き出て、非常に可愛らしい。
薄めの皮は作りたてで、非常に柔らかいものです。
さらに通常、いちご大福に入っているイチゴは酸味があるものですが、ここのは酸味が非常に少なく甘いもの。
これ、大福に入れるのはもったいないよ。
それを甘さ控えめのアンコで包みます。
大きさは普通で、値段は130円。
安いな!
2個も食べちゃいました。



続いて「たまご饅頭」に行きます。
さくっと包丁で切ってみると・・・
s-IMG_0292



s-IMG_0302
ちょっと待てや、なんじゃこりゃ!
そのまんまやないか!!


s-IMG_0300
ということで出てきたのは驚きの一品。
薄味の味付けたまごを、甘めの饅頭生地で包んだものです。
「茶饅頭」や「大福」じゃなくて、「おやき」や「肉まん」とかの部類です。
意外にも甘めの皮と味付卵のコントラストが美味しく、これまた2個食べちゃいました。
ちなみにこれは毎日作っているわけではないようで、買えたらラッキーと言う物らしいです。
すげぇぜ、藤岡!

季節の和菓子とケーキ 成田屋

     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

スポンサーリンク

この記事を書いた人


肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。
【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社
[X]

コメント