漢の料理 Yahooブログバックアップ

ベーコンを作ろう:仕込み編




手作りベーコンを食べたことがありますか?
ベーコンと言えばスーパーで売っているハムが四角くなったものと思っていました。
別に好きでも嫌いでもなかったのですが、手作りで出来ると聞いて作ってみたのが2年前。
あまりの美味さに感動し、それ以来ちょくちょく手作りしています。
食べれるようになるまでに時間はかかりますが、作り方はとても簡単です。
もともとおおざっぱな作り方なので気楽にやってみましょう。

おおまかな手順は以下の通り
・材料入手
・仕込み
・熟成
・仕上げ

まずは材料を入手。
ベーコンは普通、豚のバラ肉を使用しますが、肩でもモモでもかまいません。
今回はバラ、肩ロース、モモの3種類を使用します。
なるべく新鮮な肉がいいようですが、普通にスーパーで売っているものでも結構です。
今回はスーパーで特売だったため、バラ以外も使っています。

続いて仕込み。
仕込みとは塩分やスパイスを肉にすり込むことです。
ベーコンの仕込み方は基本的に2通りあります。
塩やスパイスをを直接すり込む乾塩法と、塩やスパイス、香味野菜などで漬け汁を作り、そこに浸す湿塩法です。
今回は簡単な湿塩法でいきます。
作った漬け汁は2つ。
ひとつはネパールの岩塩だけで作った塩水で、もうひとつはただの醤油。
なんてシンプル。でもこんな感じでもおいしくなっちゃうんですね。
特に醤油だけで漬けるのはお勧めです。
漬け方も簡単で、ジップロックに肉をいれて液を注ぐだけです。
これで24時間待ちます。







当サイトではこの緊急事態下での不要不急の外出&外食を推奨する意図はありません。 あの楽しかったひと時を取り戻すために、今は耐えましょう。 そしてこれらの記事で事態が落ち着いた時のための喰力を涵養して頂けると幸いです。

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-漢の料理, Yahooブログバックアップ

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5