カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

追い炊きのメリット・デメリット

前回やった追い炊きの続き、メリット・デメリット編です。
まずは追い炊きのシステムについての説明。
機種による違いはありますが、給湯器の中には「追い炊き用バーナー」「給湯用バーナー」の二つが入っています。
一般的に「給湯用バーナー」のほうがパワーが大きく、「追い炊き用バーナー」のほうは小さくなっています。
ということは「追い炊き用バーナー」のガス消費量は「給湯用バーナー」より少なくなっています。
2つのバーナーの使い分けでガスの消費量を調整できます。

これを頭に入れ、まずはメリットから。

面倒がなく、いつでも入浴OK
これは説明の必要はありませんね。
気軽にいつでも熱いお風呂に入れるのはすごく幸せ。

水道代が安くなる
お湯を使いまわせばその分使用水道量は少なくなります。
2日に一回水を入れ替える場合、単純計算で水道量は半分。
洗濯なんかに使うと減っちゃいますけどね。
風呂一回分のお湯を溜めるのに必要な水道代は約60円、ガス代も同じく約60円です。
夏は直接お湯を張るよりガス代がお得
朝から浴槽に「水」を張っておき、お風呂に入る前に追い炊きで沸かします。
日中の暑さで水温が上がっている分、早く沸き、ガス代の節約になります。



使って便利な追い炊き機能、しかしメリットばかりではありません。
次にデメリット。

衛生面がちょっと不安

1日たったお風呂ではヌルヌルが気になる人もいるでしょう。
当然、お湯だって汚れているし、衛生的にはちょっと???

故障しやすい

追い炊き機能が無いものに比べて、給湯器の寿命は約半分と言われています。
賃貸の人には関係ない話ですけどね。

冬は逆にガス代が高い

夏と逆で、水温が低い時に追い炊きでお風呂を使うとガス代が高くなります。
「追い炊き用バーナー」は力が弱いため、低い水温を長々と沸かしてしまいます。
当然時間もかかり、ガス代はかさみます。



メリット・デメリットが影響するのは人それぞれです。
生活スタイルに合わせて選択して下さい。

籠原の情報なら


カゴハラウォーカー

にほんブログ村
埼玉食べ歩き





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.