地域情報

熊谷の暑さと地形の話

2008年7月26日

nyaozane052
30度越えがあたりまえのここ最近、毎日暑いですね。
皆さんお元気で暮らしていますでしょうか?
連日TVや新聞で「猛暑」「真夏日」の文字を目にしますが、今年は「」という文字は目立って無いように思います。
暑さで全国的に有名になった熊谷、今年はどうしちゃったのでしょうね?


アメダスを見ると、7月26日13時現在で最も暑いのは
1. 岐阜県 多治見 38.0℃
2. 岐阜県 美濃  36.9℃
3. 山梨県 甲府  36.8℃
となっています。
ライバルである多治見は38度。
かなり暑そうです。
ちなみに熊谷は35.0℃ で、実はベスト30にもランクインしていません。
確かに去年は最高記録を叩き出しましたが、そもそも本当に「熊谷は一番暑い」のでしょうか?


一般的に暑いといわれる地形は「盆地」です。
盆地とは、周囲を山地に囲まれた、周辺よりも低く平らな地形のことです。
京都なんかは夏暑くて冬寒いという典型的な盆地の気候です。
今日も暑い岐阜や山梨も山に囲まれた盆地で、いかにも暑そうな地形をしています。


熊谷も「盆地だから暑い」とよく聞きます。
しかし地図を見ると、北には群馬の山がありますが、結構距離は離れています。
東は海まで平地で、南も関東平野なので山ではない。
西に秩父の山があるくらいです。
という訳で熊谷は盆地ではないので「熊谷は盆地だから暑い」というのは勘違いです。
そして熊谷は夜はぐっと涼しくなりますから、確かに盆地ではないですね。


とはいえ、暑いのは確かです。
でもなぜ熊谷が一番なのか?
それは熊谷には「地方気象台」があるからです。
地方気象台は大体の都道府県にひとつずつあります。
そして熊谷の気象台は暑い街中にあります。
ここで気温を1分単位で記録しています。
ちなみに多治見で観測しているのはアメダスで、10分単位です。
どちらが最高瞬間気温を測りやすいか・・・おわかりですね。
去年の最高記録にはそういう理由もあったのです。


まあ、そんな理由がわかったところで暑いのには変わりはありません。
水分補給をしっかりして、体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-地域情報
-

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock