日記

ストーリーがある大作迷惑メール!?その1

投稿日: |author: ダニエルさん

ウチのように仕事でWebサイトでメアドを公開していますと必ず来るのが迷惑メール
「お小遣いあげるからイベント行きませんか?(笑)」とか、「【無料で出会える待合掲示板】」とか「20代後半~40代後半の人妻によるサークルです!」とか、「人妻と秘密の関係でお金持ち!?」とか、「◎女性たってのご希望ですので逆指名致します。」とか、そりゃもう毎日毎日毎日毎日何百通も来るのでありますよ。
「俺ってどんだけモテモテなんよ?」って思っちゃうよね(笑)
もちろんまじめに読んだりはしないし、URLをクリックすることもないんだけど、今回たまたま読んだ迷惑メールが何というか、妙に面白かったので公開しようと思います。
かなり長いうえにくだらないので、興味ない人は読まないほうがいいです。




まずやって来たのがこのメール

社用アドレスより直接ご連絡しています。5500万は専門家立会いの下、完全非課税にて全て無償にてお渡しする事をお約束します。

改めて簡潔にご説明させて頂きますが、今回お受取をお願いします5500万は我が社の利益余剰金となります。
この5500万の処理が行えなければ課税対策の問題から、今後の事業展開に大きな支障が起きるために専門家と相談した結果合法的に処理を行う為に連絡をさせて頂きました。

お受取して頂く事が間接的に我が社の利益に繋がりますので【完全非課税、無償】でのお渡しを約束させて頂いています。勿論お受取後のトラブル等のご心配も何一つ御座いません。

万全を期す為に専門家立会いの下でご連絡していますが、余計なトラブルを避ける為に少しでも早くお振込みさせて頂きたいと考えています。
ご返信頂き次第、即座にお振込み手続きへと入らさせて頂きますので宜しくお願い致します。

※社用アドレスから連絡しています。会議中でも常にメールの確認は取れるようにしてありますので何時でもご連絡ください。

/────────────────────
役職:代表取締役社長;
名前:高橋清美;
………………………………
部署:総務本部社長室;
内線:社長室(1199) 直通(2011);
────────────────────/

なになに、要するに5500万をタダでくれるって?
それどころか、受け取ることによってそっちの会社も税金対策になるとか。
返信すれば即座に振り込まれるんだって。
これってWinWinの関係ってやつ?
うひゃ~、このご時世に夢の様な話だ!
こんないい話が俺の所に来るなんて、なんて運が良いんだ!
ちなみに社用アドレスって言ってるけど、○○○○@yahoo.co.jp.rosamirja.comっていう、壮絶に怪しいメアドなんだけどね。
そのうえ代表取締役社長の高橋清美さん、どこの会社の社長かわからんね?
内線番号書かれたって、そもそも電話番号書いてないじゃん?


そして約4時間後、次のメールが

急用で席を離れます。たった一言、意思の確認だけ良いでしょうか?

急用で席を離れます。時間がありませんのでたった一言、意思の確認だけ良いでしょうか?

無償で譲渡させて頂けるように全てこちらで手配しています。
現段階で一番重要な事はゲストさんのお気持ちです。
単刀直入に聞かせてください。
5500万のはお受取りして頂けますか?

時間もありませんので『YES』か『NO』で構いません。
お答え頂けますか?

※社用アドレスから連絡しています。常にメールの確認は取れるようにしてありますので何時でもご連絡ください。

/────────────────────
役職:代表取締役社長;
名前:高橋清美;
………………………………
部署:総務本部社長室;
内線:社長室(1199) 直通(2011);
────────────────────/

ありゃ、返事しなかったから次のメールが来ちゃったよ。
まずは意思表示をしろってか。
たった一言、Yesといえば5500万が俺のもの?
時間がなくて急いでいるようだ。
どうした、税務署員でも来るのか?



更に4時間後、3通目が来る。

〒107-0062 東京都港区南青山5丁目 こちらは確認出来ますか?

5500万の件お考え頂けましたでしょうか?
専門家である顧問弁護立ち会いの下でお話していますので法律上の問題は何一つ御座いませんし、全て合法的に非課税にて無償でお受取して頂けます。

既に事業拡大の為に利益余剰金を処理する必要があるという理由については既にお話差し上げている通りですが、あまりに急なお話に困惑なさっている事と思います。
専門家による保障があるとはいえ顏の見えない相手からの突然の無償譲渡のお話ですので当然疑念も持たれるでしょうし色々と思慮される部分も多いかとは存じます。

「人に信用してもらうにはまずは自分から」

これは広告代理店という一つの信用を商品とした我が社のならではの営業理念でもありますがまず私の事を信用して頂くためにも個人情報の一部を先に提示致します。

勿論これだけで信用して頂けるとは考えていません。ですが、私の今回のお話に対する熱意と誠意が伝われば幸いです。

────────
・高橋清美
・29歳
・東京都港区南青山5丁目
・〒107-0062
────────
・三菱東京UFJ銀行
・普通
・XXXXXXX

・タカハシ キヨミ
────────

私事で恐縮ですが決算の関係からあまり時間に猶予がありません。
高額の譲渡ですし、お渡しは迅速に行う事が鉄則であるとも考えます。

取り急ぎお伺いしたい事は5500万の受け取り用口座情報として、『銀行・支店名・口座番号・名義人名』の4点です。
こちらさえ頂ければ直ぐにでも行動に移させて頂きたいと考えていますので一度折り返し頂けますでしょうか?

※社用アドレスから連絡しています。常にメールの確認は取れるようにしてありますので何時でもご連絡ください。

/────────────────────
役職:代表取締役社長;
名前:高橋清美;
………………………………
部署:総務本部社長室;
内線:社長室(1199) 直通(2011);
────────────────────/

合法で非課税か!
5500万がまるまる俺のものに!
「法律上の問題は何一つ御座いません」と言うんだから安心だね。

そのうえ「急なお話に困惑なさっている事と思います」「当然疑念も持たれるでしょう」なんて、俺の心理をよくわかってるね!
「人に信用してもらうにはまずは自分から」だなんていいこと言うなぁ。
5500万をくれるっていうのに、さらに低姿勢っていうのが素晴らしい。
で、『銀行・支店名・口座番号・名義人名』の4点を知らせればOKなのか。
それにしても5500万って日本円なのかな?
ペリカじゃねぇだろうな?
ちなみに高橋清美さんの口座番号はご迷惑をかける可能性を考えて伏せてあります。


次のメールは2時間後。

高橋の秘書を担当しています宮間です。高橋より緊急のご連絡を賜っております。

先ほど経理部の金融機関担当者からPDFファイル形式で電子証明書が届きましたので転送致します。

>--振込・振替依頼証明書--
>
>振込元口座番号:*******
>振込依頼金額:55,000,000 JPY
>ご依頼人名:カ)********
>
>振込限度額:100,000,000
>振込指定時刻:依頼待機中

~以下省略~
※PDFファイル転送

以上の内容になります。
高橋本人より直接のご連絡があるとは思いますが、取り急ぎご報告の連絡をさせて頂きました。
ご返答はこちらの高橋の社用連絡先に直接ご送信下さい。

/────────────────────
役職:代表取締役社長;
名前:高橋清美;
………………………………
部署:総務本部社長室;
内線:社長室(1199) 直通(2011);
────────────────────/

おお、秘書さんが登場!
てことは今まではわざわざ高橋清美社長自らがメールを送ってくれてたのか!
さらに金融機関担当者からPDFファイル形式で電子証明書まで!
なになに、要するに5500万の振込の準備ができたってことか。
こんな証明書がPDFで来るのか!
しかもJPYって書いてあるから日本円で確定!
こりゃあ本物だァ!



その2へ続く


掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-日記
-

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.