熊谷のグルメ

熊谷市石原「ステーキのどん 熊谷店」のサーロインステーキランチ

2012年6月6日

-, , , ,

あー、今日は金星の日面経過だってんのに生憎の雨空。
さすがに見れないかなぁ。
気温も低くて気分までジメジメしちゃうね。
そんな時はせめてガッツリとしたネタで元気をだそう。




と言うことで今日は熊谷市の石原、17号と140号が交わる熊谷警察の向かいにある「ステーキのどん 熊谷店」にやってまいりました。
今回のお目当ては肉ではなくて醤油ソース
私の強敵(とも)であるくいしんぼさんが恋焦がれ愛してやまない醤油ソースを味わうためにやって来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/a209143707/63658804.html
そして意外というか何というか、私はこの「ステーキのどん」に入るのは初めて。
ワクワクドキドキだぜ。




早速メニューをチェック。
今日は木曜日だから日替わりは「きのこハンバーグ&みぞれ唐揚げ」か。
醤油ソースが使えない以上、問答無用で却下だな。




レギュラーランチメニューはっと・・・
えーっと、こっちは醤油ソースを選べそうだ。
どれにしようかな?
よし、それじゃあリッチにサーロインステーキでいってみるか!




まずやって来たのはスープと醤油ソース。
おお、これが噂の醤油ソースか!
濃い醤油の上にうっすらと張る油が実に美味そうだ。




そしてサーロインステーキとライスもやって来たぞ。
ライス、スープ、ソースはおかわり自由だ。




サーロインステーキは150g。
厚さはそれほどではないが、大きさはそれなりにある。




ジュワッと焼かれた牛肉が眩しいぜ。
そう言えば最近、こういう肉の塊を食べてなかったなぁ。
下にはスライスオニオンが敷かれているぞ。




それじゃあ早速いただきましょうか。
醤油ソースを手に取り・・・




ステーキにぶっかける!
立ち昇る蒸気!
煮え立つソース!
そして食欲をそそる香り!
くぅぅ、いっただきまーす!!!




う~ん、デリシャス!
醤油ソースはさっぱりしつつ旨味もあり、実に肉に合うな!
なんというかな、酸味を抜いた醤油ドレッシングのような感じ?
宮のタレとは別のベクトルのこのソース、いいねぇ、実にいい。





あー、それにしても牛肉の塊なんてホント久しぶり。
最近は肉って言ったらハンバーグばっかりだったからなぁ。
やっぱりさ、肉の塊を喰らうとダイレクトに自分の血肉になる気がするよ。




その醤油ソースを吸ったしなしなのポテトフライがまたうめぇ~。
これだけでご飯が進んじゃうよ。




それではお楽しみの「醤油飯」といこう。
脳裏には往年の名4コマ漫画「傷だらけの天使たち」のヒロシと父ちゃんが蘇る。
「父ちゃん、うちビンボーじゃないよね?」
「あたりメーだろ!見ろよ、この米の飯を!!」




そしてこの醤油ソースは醤油の香りで日本人の魂を、その他の素材で貪欲な舌を、そして油で漢の肉体を虜にする。
「おまけにそれに醤油ソースをかけるんだぜ!!」
「ワーイワーイ!!」




三味一体のトリニティ・ソイ・ソース、これをライスにスプリンクルすればご機嫌なスペシャル・デリシャス・ライスの出来上がりだ!
ライスとソースがお替り自由なのはすでに言ったな?
てことは「ライスとソース頼む→ぶっかける→喰う→最初に戻る」という夢の永久機関が完成ってことだ!

「いっただきまーす!!」



ぷはー、ご馳走様でした。
あ~、喰った喰った。
いや~、醤油飯、ヤバイよコレ、いくらでも食べられちゃう。
宮のタレは火を通すと抜群に美味いけど、そのままご飯にかけると微妙なんだよね。
でもこれはそのまま温かいご飯にバッチリ合うよ。
ということで、次回は是非ともこの醤油飯をオカズに白い飯を食べよう。
そして父ちゃんの名セリフをつぶやくんだ。
「あわてんじゃねえよ、ヒロシ。それはオカズだ」


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-熊谷のグルメ
-, , , ,

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5