静岡のグルメ

番外編:沼津市「沼津港」の食べ物いろいろ

2008年7月18日

長かった沼津ネタもこれでおしまいです。
読んでいただいている方にとっては退屈だったかもしれませんが、さんざん食べて、想いを書けて、私としては最高でした。


「せっかく沼津に来たんだから、港でお魚が食べたい」
普通であれば至極真っ当な意見が妻から出されました。


今回の沼津旅行(旅行と言えるのか?)は千楽で食事する事だけが目的ですので、そのような意見は聞くわけには参りません。
港で1回食べれば、千楽で1回食べる機会を失うわけですからね。
限られたチャンスを無駄に消費するわけには行きません。


ですがこんな私的な旅に付き合ってくれた妻に「ダメ」などとも言えません。
それに長年沼津出張をしていた私ですが、港に行った事も無ければ、沼津で魚を食べたことも無い。
お土産も欲しいし、せっかくだから港に行ってみるか!


沼津港に降り立つと、真っ先に鼻につくのが魚の臭い。
さすがは漁港です。
そして港の周りには食事をするお店やお土産を売るお店がたくさんあります。
今回の旅では沼津港で2回食事をしました。


最初のお店は小さな定食屋さん風のお店。
どんなお店がいいのか、よくわからないので飛び込みで入ってみました。
ここでは「アジのなめろう丼」950円と「宝石丼1600円」を注文。


minato_02.jpg

「なめろう」とは簡単に言えばアジのたたきに味噌を混ぜて、さらにたたいたものです。
どちらかといえば酒のおつまみかな?
これをご飯に載せたものが「アジのなめろう丼」です。
なんだか珍しかったので注文しました。


食べてみると結構粘り気というか、ネチャネチャしている感じです。
それが味噌味なので、ご飯と一緒に食べると微妙・・・
普通のアジのたたき丼にしとけばよかったかな。
さらにご飯がべちゃべちゃだったのが好みに合わず、残念ながらあまり美味しくはなかったです。
これはかなり人の好みで評価が左右されそうなタイプです。
でも新しいものを食べれたということでOKとしましょう。


minato_01.jpg
宝石丼は見ての通り「沼津の宝石箱やー」って感じです。
いろいろ豪華にネタがちりばめられ、味つきしょうゆがかかっています。
美味しそうだなぁ・・・私もそれにすればよかったかな・・・


minato_03.jpg
別の日、別のところで食べたのがこの「ぬまづ丼」
ぷらぷらと港周辺を歩いてたら美味しそうだったので入店。
見返すと丼ばっかりですね。
これは生桜エビと生シラスとアジのたたきを、アジの炊き込みご飯の上に載せたもの。
まさしく沼津の名物を集めた沼津の丼です。
生桜エビも生シラスも派手な味ではないので、素晴らしく豪華な味とはいきませんが、これで945円なら満足です。


minato_04.jpg
最後にお土産のアジの干物を買いました。
帰って食べたら脂がのって美味いこと美味いこと!
アジの開きってこんなに美味いのか!と感動してしまいました。
これにて沼津の旅はおしまいです。
お付き合いありがとうございました。


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-静岡のグルメ
-,

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5