カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

漢の料理 Yahooブログバックアップ

豆かんを作ってみた

 お知らせ

さて、毘沙門水という美味しいお水を手にいれました。
そこで私にはずっと作りたかったものがあります。
それは豆かんであります。




豆かんについての熱い想いは以下の記事を参照してください。
熊谷市新堀新田「梅林堂」の香味豆かん
http://kagohara.kino92.com/2011/02/7605.htm



豆かんの構成物は「豆」「寒天」「黒蜜」の3点のみ。
どれもシンプルにしてごまかしの効かないものです。
それではさっそく作ってみましょう。



本格的にやるには

1.水1Lに小さじ1の塩を入れ、そこに豆を一晩漬けておく
2.次の日にそのまま強火にかけて沸騰させる
3.沸騰したらお湯を捨て、また水1L+塩小さじ1で弱火にかける
4.そのまま好みの柔らかさになるまで煮る

となります。
豆がしっかり水を吸って大きくなりますね。

面倒ならレンジで作れます。

1.豆と塩水を耐熱容器に入れ、600wで5分から10分くらいレンジでチン。
2.豆をフライパンで弱火で5分くらい炒る

これで終わり(笑)



さすがに煮たものとは見た目も食感もちがいます。
ちょっと硬めだけどこれはこれで美味いです。
作ったその日に食べれるのも大きなメリット。


寒天


これは簡単。
寒天の袋に書いてある作り方をそのままやればいいです。
使用する水を増やせば柔らかく、減らせば硬くなります。
だいたい水500mlに対して粉寒天4gが平均的な量です。
好みに応じて水を増減しよう。


水500mlでこれだけの量が出来ます。
たっぷり食べれるぞ~


黒蜜


これも簡単。
黒糖に水を入れ、鍋で煮詰めればOKです。
面倒ならレンジでもOK。
耐熱容器に黒糖と水を入れ、適当にレンジでチンすればできちゃいます。
洗い物も出ないので楽チン。


ウチには黒糖がなかったのでこんなのを使用しました。
ちなみにあまり水分を飛ばし過ぎると水飴みたいに硬くなるので、適当なところで止めよう。






さて、これで出来上がり!
うひょ~、夢にまで見た「豆かん丼」もできちゃうぞ!




さて、お味の方は・・・
おお~、美味い、美味い!
豆の塩の味、寒天の水の味、黒蜜の糖の味が三位一体、見事にバランスが取れている!
自画自賛で申し訳ないが、これなら外で食べる必要は無いぞ。
我ながら会心の出来だ。





ちなみに「水道水」「毘沙門水」家にあった「白河の水」の3種類でつくってみたけど、やはり「毘沙門水」が一番美味いなぁ。
黒豆の塩加減、美味しい黒糖の入手、寒天の使い比べなど、いろいろ検討してみよう。
簡単にできて美味いとなると、こりゃあしばらくは石けん作りと一緒にハマリそうだ・・・



にほんブログ村

 
 


籠原・熊谷・深谷周辺の情報
http://kagohara.kino92.com/images/title100px.jpg
籠原・熊谷・深谷周辺の情報 カゴハラウォーカー

https://kino92.kagohara.net/img/kino92banner.gif
籠原の不動産屋さん 紀ノ国商事株式会社

http://karate.kino92.com/image/banner88x31.gif
本庄・前橋・熊谷 空手道洲道


http://kendo.kino92.com/img/banner88x31.gif
籠原の剣道教室 籠原剣友会





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-漢の料理, Yahooブログバックアップ

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.