カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

日記

民主党の松崎議員「俺を誰だと思っている」胸をわしづかみにし自衛官を恫喝

 お知らせ

自衛隊絡みの件がここ最近話題になっています。
まずは一つ目。

民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が今年7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と“恫喝(どうかつ)"ともとれる発言をしていたことが17日、分かった。防衛省幹部や、自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかにした。

入間基地では今月3日の航空祭で、航友会の会長が「民主党政権は早くつぶれてほしい」と発言。これを受け、防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。松崎氏は会場で会長の発言も聞いており、周囲に強い不快感を示していたため、「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。

松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。

ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。

別の隊員が松崎氏の秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「2度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう1度、言ってみろ」と迫ったとされる。こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。

松崎氏は産経新聞の取材に一連の発言をすべて否定し、「(隊員の)体には触れていない」と述べた。一方、「(受付を通り越して)駐車場でしか車を降りられないなど誘導システムが不適切だと指摘はした」と説明し、「隊員に2度と来るなと言われたことも事実。(自分は)何も言っていない」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101118/crm1011180131004-n1.htm


「俺を誰だと思っている」って一度は言ってみたいけれど、実際に言ったら壮絶にカッコ悪いですね。
どう考えても悪役のセリフですもんね。
それをリアルで国会議員が言っちゃうとは・・・


しかもおかしいのは「相手が言ったのは全部本当で、自分は何も言ってないし、何もやってない」と言っている点。
自分の行動や言動については否定したくせに、自衛官の発言内容は肯定しています。
いくらなんでも誘導システムが不適切だって注意しただけで「2度と来るな」とは言われないと思いますが・・・
こういう取材を受けたときは「そんなことは一切なかった」と言えばいいのに、相手だけ悪く言おうとするから矛盾するんですよね。


それにしても今回一番かわいそうなのはこの隊員。
議員の言う事を聞いたら規則違反だし、聞かなかったら理不尽に怒られる。
話しかけられた時点でジ・エンドって感じです。


しかしまあ、国会議員は、国民の代表であり、法と規則を守り、模範とならなければ行けない立場のはず。
それなのにこの態度とは呆れ果てます。
特権階級だと思っているんだろうなぁ・・・


この記事を読んで「わしは、ウィルソン・フィリップス上院議員だぞーーーーっ!」を思い出してしまいました(笑)
自動車に乗ってきたDIO様に前歯抜かれちゃいますね。
次はぜひとも「おいおまえ! 俺の名をいってみろ!」でお願いしまっス。


「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め
自衛隊は暴力装置:官房長官発言の是非
民主党の松崎議員「俺を誰だと思っている」胸をわしづかみにし自衛官を恫喝






  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.