Yahooブログバックアップ 不動産の話

日経平均1万円割れ

とうとう日経平均が4年10ヶ月ぶりの1万円割れです。
前日は米株式相場でダウ平均株価が1万ドルを下回り、株価の下落が続いています。
他の国でも株価は下がりまくりで、韓国などは相当にヤバく、破綻は間近との話も。
「投資家が損してるだけじゃん」と言うわけにはいかず、世界経済全体のピンチなのです。

こうなると金融機関は倒産企業への貸し倒れを恐れての貸し渋りが加速します。
資金繰りに詰まった中小企業の倒産がますます増えることでしょう。
そうなれば雇用の不安も増大、社会は暗くなる一方です。
ただでさえ問題だらけの年金の運用もヤバいことになります。
平成19年度だけで約6兆円の損失でしたが、今年はそれどころじゃすまないでしょう。

あまり大きな話をしても、籠原の不動産屋にはそれほど関係ありません
ですから関係ある住宅ローンの話をします。

今は全体的な金利が上がる状況ではありません。
ですから最近では上昇気味だった住宅ローンですが、当分このままで行くと思います。
そして今は歴史的にはかなりの低金利です。

しかし、その時がいつ来るかは私には分かりませんが、株価はいつかは上がるでしょう。
株価が上がると言うことは経済が活発になり、金利も上がります。
その時は当然、住宅ローンの金利もぐっと上がります。

住宅ローンは投資ではありません。
短いスパンでの損得勘定は、長い目で見ると危険な場合が多々あります。
例え金利が上がったとしても、十分に対応できるだけの計算はしてください。
目先の金利に気をとらわれず、長期的な展望で住宅ローンを選ぶ必要があります。
長期固定型を選んだ人は問題ないでしょうが、変動型や短期固定型を選んだ人は問題があるかもしれません。
いい機会ですから、今のうちによく考えてみると良いと思います。
金利に一喜一憂する生活は疲れますよ。

「世界恐慌なんて大げさで、ちょっと大きめの不況」という意見もありますが、「まだ地獄はこれからだ」と言う意見も・・・
1929年の世界恐慌は、第二次世界大戦につながりました。
人類は歴史から学んでいると信じたいところです。
「20XX年、世界は核の炎に包まれた!」なんてことになりませんように・・・
北斗の拳の世界で生き残るには・・・

 → 

・・・えーっと、こんな感じですかね?


にほんブログ村
埼玉食べ歩き





本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5