日記

土地の一辺の長さを測る方法





土地を見に行くときに、正確な測量図があれば縦、横の辺の長さや面積が分かります。しかし、測量図が無い場合も多いです。面積は分かっている場合が多いですが、縦横の辺の長さがどれだけあるかはたいていの場合、分かりません。

長さが分からなければ、その場で測ります。不動産業者の場合、一般的には歩幅で測ります。一歩で1mの感覚を覚えておいて、実際に歩きます。20歩歩けば20mというわけです。しかし、普通の人がいきなりやってもうまく測れないでしょう。

では、長さを測るにはどうすればいいでしょう?

1枚目の写真のような物件ならラッキーです。簡単に正確な長さが分かります。

土地と道路の境目を見てください。道路側溝のふたがありますね。これはひとつ60cmあります。ですから、これを数えて計算すれば正しい数値が分かります。20個あったら12mというわけです。これなら誰がやっても間違いはありません。

道路に面してない無い部分の場合はどうでしょうか?これもうまくはかれる方法があります。

2枚目の写真、こういうブロックも良く見ますよね。これは40cmあります。隣地との境界などでこのブロックが使われていれば、これまた正確に測れますね。

ただし、こういう側溝のふたやブロックが無い場合も多いので、正確な長さを測りたい場合は長いメジャーを持っていくのが確実です。






本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5