カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

迷惑な営業の電話の対応

今日は迷惑な営業の電話の話です。
固定電話には家庭・職場を問わず、よく営業の電話がかかってきます。
どこから情報を得ているのでしょうか、その家庭に合った営業電話がきますね。
独身者には結婚相談、学生には学習教材、若い夫婦には不動産の営業がきます。

私の自宅には固定電話は引いていないので、こんなことはありませんが、会社にはかかってきます。
電話会社の乗り換えや先物取引や融資の営業が多くかかってきます。
会社名と用件を最初にはっきり言う営業マンは少なく、だいたいは回りくどい話し方をします。
こちらの断りの言葉も聴かずに一方的にしゃべられることも多く、ストレスはたまる一方。
相手だけがこちらの個人情報を持っているというのも不気味です。

なかにはウチは不動産屋なのに、不動産関係の営業の電話もかかってくることもあります。
こっちが不動産屋だとわかっていても電話をかけてくるのですから、たいしたもんです。
特にマンション販売の営業はしつこくてイヤになります。
はっきり言って100%いらないし、相手するだけ時間の無駄。
さらにこの手の不動産関係の営業マンは非常に無礼で態度が悪いことが多い。
不動産業界の評判を下げている大きな要因だと思っています。
こんなに迷惑な営業電話、なんとかならないものでしょうか?



まず、営業の電話は断られて当たり前という考えです。
100本かけて1本でも話ができれば仕事になるのです。
ですから、営業マンも話になりそうも無い相手には時間をかけたくないものです。
それを理解して対策へ行きましょう。

対策1:即切る

営業だと思った瞬間に切るのが一番楽です。
たまにすぐにリダイヤルしてくる猛者もいますが、それも即切り。
営業マンも即切りには慣れてますので、報復なんてことはまずありません。
ただし、心のやさしい人は「即切りしちゃって悪いことをしたかな?」と自己嫌悪に陥る可能性あり。
無礼者に礼儀をつくす必要は無いと思いますが、後味悪いのも確か。

対策2:ずっと保留にする

用件を聞いた後に「ちょっと待ってて」と言ってそのまま保留にしちゃいます。
その後は当然放置。
保留にしなくても、受話器をそのままにしておいても可。
営業マンはさんざん待つかしゃべった後に、自分から電話を切るでしょう。
営業マンに余計な時間を使わせたうえに悔しい気持ちにさせられるので、ダメージを与えることができます。
でも、即切りよりもずっと怨まれる可能性あり。

対策3:聞いてあげる

聞きたくない話をしてくるから腹が立つのであって、その話自体を聞いてみるのはいかがでしょうか?
すごく暇で、精神的に余裕がある時にはいいかもしれません。
ゆっくりたっぷりじっくり聞いてあげて、最後に断りましょう。
営業マンの落胆振りは尋常ではなく、かなりのダメージを与えられます。
ただし、脈ありと見られて今後の営業活動が激しくなるかも。

対策4:ナンバーディスプレイ

ナンバーディスプレイは便利ですね。
同じ電話番号からかかってくる営業電話には出ないことができます。
番号非通知でかけてくる奴は論外。
ただし、不特定多数の顧客から電話がかかってくるような所では効果は薄いです。
ウチは不動産屋なので、番号非通知でも電話に出ます。
はい、ほとんどが営業です・・・

対策5:迷惑電話おことわりサービス

NTTに言ってその電話番号からかからないようにすることができます。
ナンバーディスプレイと違い、そもそも電話がかかってこなくなります。
これも同じ電話番号から繰り返しかかってくる迷惑電話に有効です。
でも工事費と毎月の料金がかかるのが難点。

対策6:営業マンの個人情報を得る

相手の話を聞く前に営業マンの名前と会社名と電話番号を聞きます。
その後に「迷惑なので二度と電話をかけてくるな」と言うと、たいていはかかってこなくなります。
やはり他人のデータは使っても、自分のデータを取られるのはイヤなようです。
毅然とした態度で言わないとダメですよ。

対策7:個人情報保護法に基づいた個人情報の削除

個人情報は本人がその利用に同意しないと利用できません。
また、利用の停止・個人情報の削除の要請があったら応じないといけません。
ですから対策6と同じように営業マンの名前と会社名と電話番号を聞いたあとで、
「個人情報保護法に基づき、私の個人情報の使用を認めませんので、利用停止と個人情報削除を求めます」
最後に営業マンの名前を言ってあげるとさらに効果アップ。
これでその業者はあなたの個人情報を利用することができなくなります。

対策8:逆に営業をかける

暇なときはこれが一番です。
私もたまにやります。
マンションの営業がきたら「そんなことより、こっちにもいいマンションがあるんだよ!買わない?ねえ、買わない?」
先物の営業がきたら「そんなことより、こっちにもいい小麦があるんだよ!買わない?ねえ、買わない?」
融資の営業がきたら「そんなことより、こっちにも資金が余ってるんだよ!借りない?ねえ、借りない?」
と言う感じで、一方的に営業をかけます。
お互いに好き勝手なことを言うので当然会話は成り立ちません。
たいてい、向こうから電話を切ります。

結局、ある程度の成果が見込めるから電話による無差別営業があります。
押しに弱い、買ってしまう人はそこそこいるのです。
ですから迷惑な営業電話にはしっかり対策を身につけ、毅然とした態度で臨みましょう。


にほんブログ村
埼玉食べ歩き





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.