日記

秋葉原の事件をうけて

秋葉原のあの事件から1ヶ月以上が過ぎ、あれだけ騒がれていた事件も新たな事件に消され、すっかり聞かなくなりました。
非常に衝撃的な事件でしたが、人々の関心はすぐに新しいものへ移ってしまうようです。

本人の気持ちや背景、社会のあり方などの点はここでは触れません。
あのような状況になったらどうするか?という現実的な点を考えました。
凶器を振り回す人と遭遇したら、自分は何が出来るだろうか?

空手には対武器を想定している技があります。
私もいくつかの技を知っています。
しかし普段からよっぽど訓練していなければとっさの場合に出るわけがありません。
たとえばナイフに見立てた棒切れを持った素人相手に模擬戦をやってみても、なかなか無傷で制圧なんて出来ないものです。
ましてやいきなり刃物を突きつけられたら、冷静に対処できる自信はまったくなし。

武器相手に素手で戦いを挑むのはリーチも破壊力も違うために非常に不利で、そもそも無謀といえます。
ですから空手には武器術もあります。
ヌンチャクやトンファなどが有名ですね。
これならある程度互角に武器と渡り合えます。
かといってそんな武器を持ち歩けば、いざと言う時の前に職務質問されるのがオチ。
現実的ではありません。

となると走って逃げるのが一番か?
これなら最近は別府沼で走っているので自信があります。
そう簡単に追いつかれることは無いでしょう。
しかし自分ひとりならいいけれど、他にも人がいたら?
見捨てて自分だけ逃げるなんてことはできません。

いろいろ考えていると考えは尽きません。
「こういう状況ではこうする」というのは武術の永遠の課題ですから、終わりは無いですね。

もうひとつ考えたのは、「もし事件が起こったあとに居合わせたら」です。
当時、1枚の写真を見ました。
数人の一般の方が倒れている人に救命措置を行っている写真です。
携帯で現場の写真をとっている人やTVカメラに向かってピースサインをしている人がいる中で、懸命に救命活動している人たちがいました。
私はこういうときのための救急法を知りません。
あの現場に居合わせたら野次馬にしかなりません。
これはいけない、と思いました。

調べてみると消防署や赤十字で救急講習を行っているとのこと。
そこで今回は赤十字の講習を受けることにし、先日行ってまいりました。

後半へ続く








本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5