カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

仲介手数料 簡単な計算方法

 お知らせ

仲介手数料とは、宅建業者の仲介により不動産の取引をした場合に支払う報酬のことです。媒介報酬とも言います。多くの売買貸借は仲介によって成り立つので、不動産取引をする場合は仲介手数料を支払うケースが多いでしょう。手数料の上限は宅建業法によって定められています。宅建業は成功報酬主義が取られています。売却や物件探しの依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。

売買と賃借では手数料の取り決めが違います。今回は売買のケースを説明します。
なお、「仲介」は専門用語では「媒介」といいますが、ここでは一般的な「仲介」を使います。



売買金額の
・0~200万円の部分は売買金額の5%
・200万円~400万円の部分は売買金額の4%
・400万円を超える部分は売買金額の3%
上記の合計+消費税が手数料の上限です。

例えば1500万円の土地を買った場合
0~200万円の部分 = 200万円 x 5% = 10万円
200万円~400万円の部分 = 200万円 x 4% = 8万円
400万円を超える部分 = 1100万円 x 3% = 33万円
合計51万円 + 消費税5% = 535,500円となります。

やってみればわかりますが、とても計算が面倒です。
そこで簡単な計算式があります。

(売買金額 x 3% + 6万円)x1.05(消費税) = 仲介手数料

1500万円ですと
1500万 x 3% + 6万 = 51万
51万 x 1.05 = 53万5500円

ただし、この式は売買価格が400万円以上の場合だけ使えます。
もっとも、ほとんどの不動産取引は400万円以上ですので、この式を覚えておくと便利です。






  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.