カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

野良猫の餌付け、是か非か?

 お知らせ

昨日の続きです。
まず今回のケース、加藤氏はただ餌をやっていただけではないようです。
「猫の里親を探す」「不妊去勢手術を受けさせた」「トイレ設置」などの対策をしていると主張しています。
その結果、最大で18匹ほどだった猫も、最近では4匹ほどになっているとのこと。
しかし「近隣住民との話し合いの場に出席しない」「餌を与え続ければ猫が寄ってくることを知りながら餌やりを続けた」などの点では問題ですし、最近では数が減ったとはいえ、餌をやらなければそもそも増えないはずという意見もあります。

この問題、「動物愛護の精神」「避妊手術をしている」「元々は捨てる人が悪い」などと言って擁護する人がいます。
その思想自体は自由ですが、一番の問題は「周辺の住民に本来無かったはずの損害を与えている」という点です。
そしてその原因が野良猫への餌付けにある以上、これはもう主義主張の問題ではありません。
「主義主張の正しさ」「人への迷惑」は別の次元の話であり、動物愛護の精神にではなく、その手段と結果に問題があるといっているわけです。

飲み会で唐揚げが出たとしましょう。
「唐揚げに勝手にレモンをかけるな!」といっている人に対し、「レモンは健康に良いから、かけるのは間違っていない」と言ってレモンをかけたら怒りますよね。
皆が了承すれば問題ないですが、勝手に全部にかけるのは大大大問題です。
レモンをかけたければ自分の皿に取ってから勝手にかけろ、って思いますよね。


猫大好き!って人がいるのと反対に、猫大嫌い!と言う人も存在します。
現在の日本では基本的に人の思想や行動は自由ですが、それは他人に迷惑をかけない場合に限っての自由です。
野良猫の餌付けは、他人に迷惑をかける可能性が非常に大きい行為です。
この手の話は「好き」「嫌い」という感情が根底にあるので、なかなか話し合いでは解決しないことが多くあります。

さらに、野良猫に対する恨みや憎しみや報復は猫そのものに向かうことが多く、これは動物愛護の点から考えれば明らかに逆効果。
真の動物愛護家なら、猫が危険な目にあったり、猫が他人に迷惑をかけて憎まれるのは是とはしないですよね?
自己満足だけで、他人も猫も不幸にしてしまうようでは本末転倒です。
なお、捕獲され保健所に行った猫は、ほとんどが殺処分となります。

また、餌付けをした猫が他人に損害を与えた場合、その餌付け者が飼い主とみなされて損害賠償責任を負う判例も出ています。
「野良猫に餌をやっただけ。飼っているわけではない」「猫のやることだから大目に見ろよ」という言い訳は通用しないということです。
さらに問題がこじれて殺人事件にまで発展したケースもあったのは記憶に新しいところです。


猫は古代から人間とともに暮らしてきた、非常に身近な動物です。
貯蔵した穀物を食べてしまったり、伝染病を媒介する害獣のネズミを退治する、頼りあるガーディアンです。
「地域猫」として運用し、うまくいっている自治体もあります。
だからこそ、誰も不幸にならないように気をつけるべきです。

今回のこの判決、「敷地内で猫に餌を与えてはならない」という微妙な判決であり、その点が今後問題になりそうです。
実際に加藤氏は「今後は敷地外でやる」と言っており、問題は簡単に解決しそうもありません。
そんなに猫が気になるなら、広大な一軒家に猫と一緒に移ればいいのになぁ。
それだけのことを出来る力はあるだろうに。


この問題は日本各地で起こっており、他人事ではありません。
そのことを十分に理解して行動してください。
「可愛いから」「可愛そうだから」だけではダメなんです。
「餌をやるなら責任持って飼って」ということですね。
それにしてもいつも疑問に思うのは、人間の都合で不妊去勢手術っていうのは動物愛護の精神に反しないのかね?


籠原周辺の情報
カゴハラウォーカー





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.